臨床工学技士 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床工学技士の仕事のメインワーク、「透析室での臨床業務」の重要性とは

臨床工学技士の仕事のメインワーク、「透析室での臨床業務」の重要性とは

a0006_001251_m

臨床工学技士の仕事のメインワークともいえる、「透析室での臨床業務」。現在、MEのうち約7〜8割の方が、透析業務に関わっているとみられます。「この仕事がしたくてMEになった」という声もよく聞かれます。そこで、透析室における臨床業務の重要性についてまとめました。

透析時の臨床工学技士の仕事とは

 

b67909917c097b7d7301fde105e4ad7e_s

臨床工学技士の仕事として、透析業務の中で、最も重要なのは「穿刺」です。血液を取り出す脱血側と綺麗にした血液を再び体内に戻す変血側の2箇所に針を刺すことが必要です。

施設によって多少の差異はありますが、臨床工学技士が穿刺を行なう場合があります。穿刺は患者さんにとってもかなり重要な手順ですので、上手にできれば一目置いてもらうことができ、患者さんとの信頼関係を築くことができるため、より一層やりがいを感じることができます。

穿刺は看護師のみが担当する施設もありますので、転職・就職の際には、臨床工学技士に穿刺を担当しているかどうか、見学時などに確認しておくとよいでしょう。

また、透析開始時に透析監視装置の操作を行ない、透析中に患者さんが合併症を起こすなどの体調の急激な変化がないかどうか、観察・確認をする業務があります。透析が終わると、返血・抜針・採血データ確認等を行ないます。

透析業務で臨床工学技士が心がけるべきこととは?

3a18949c3721bc0b5285b0badaf30067_s

透析室での臨床業務では、患者さんと直接接するだけではなく、透析治療について様々な質問を受けることがあります。ですから、MEは透析に関して十分勉強して見聞を深め、質問に的確かつ分かりやすく答えられなければなりません。

同じ患者さんと週に何度も顔を合わせるケースが多々ありますので、上手に信頼関係を築くことができれば、仕事におけるやりがいを感じる機会がどんどん増えていくはずです。

経験を積むとできるようになること

c7c22ce8f3daec1f76d9b42868660a84_s

透析室での臨床業務において長く経験を積むと、医師に機器の変更等を提案できるようになります。人工腎臓(ダイアライザー)は、複数のメーカーから様々なタイプの機器が発売されています。大きさや膜の素材がそれぞれ異なっており、毒素の抜け具合や適合性も異なります。

患者さんの血液データを見て、現在使用している機器が患者さんに合っているかどうかを見極め、必要な場合には医師に変更を助言することも可能になるでしょう。

透析におけるMEの重要性を忘れずに!

6cedf13d609d5333cced7bd6e8f656ac_s

透析室での臨床業務は、ともするとルーティンワークのように感じるかもしれませんが、臨床工学技士が果たす役割は想像以上に大きく、数多くのMEが透析に携わっているのもうなずけます。患者さんの容態の変化に最も早く気付けるのは、一番近くにいる臨床工学技士です。

臨床工学技士の仕事として、たとえ華やかさはなくても、重要性はかけがえのないものであることを常に意識しておけば、日々の業務への取り組み方も変わってくるのではないでしょうか。

 

☆関連記事

医療業界での臨床工学技士の求人先と仕事内容まとめ
臨床工学技士の仕事の魅力とやりがいとは

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871