臨床工学技士 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床工学技士を目指すための学校の選び方とは

臨床工学技士を目指すための学校の選び方とは

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s

臨床工学技士は、患者の生命に関わる高度な機器の操作・保守・点検に従事します。医療系の専門職の中では比較的歴史が浅い職種ですが、医療施設における役割の重要度は上昇しています。医学的な知識を併せ持つ工学技術者を目指せる学校の種類と、選び方のポイントについてまとめました。

臨床工学技士になるための教育課程

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

臨床工学技士の国家試験を受験するためには、臨床工学技士養成課程のある大学・短大・専門学校で3年以上学び、卒業する必要があります。文部科学大臣・厚生労働大臣が指定した臨床工学技士養成所を卒業すること、もしくは厚生労働大臣指定の科目を修了できる大学に通うことが求められます。

基本的に大学は4年制、短大は3年制の課程です。既に看護師や臨床検査技師の養成課程を卒業している場合、専門学校の1年制の専攻科で学べば、国家試験の受験資格を得ることができます。

臨床工学技士国家試験の受験資格を得る方法まとめ

学校選びのポイントとは

4a6a0bd53f83301ba896f9aec336b8ec_s

学校選びの際の重要なポイントについて考えましょう。まず、3年制の短大・専門学校に通うか、4年制の大学に通うかを決定します。

可能な限り早く資格取得を目指したい人、学費の総額を安く抑えたい人には3年制の課程が適しています。幅広い専門知識の習得を希望する人、経済的に余裕があり学費の心配をすることなくじっくり学びたい人は、4年制の課程が合っているでしょう。

既に就職していて、仕事をしながら臨床工学技士の資格取得を目指す人は、夜間課程を専攻すれば仕事と学業の両立が可能となります。

臨床工学技士を目指すなら、大学と専門学校どちらを選んだらいい?

多角的に検討することが重要

4f1cc5477f306053dd7d33381c684da8_s

次に、養成校の卒業生の国家試験合格率、就職率、就職先を検討し、自分の希望と照らし合わせます。伝統ある学校には、地元の医療施設から新卒の求人が多く集まる傾向があります。そのため、就職したい地域の伝統ある学校を選べば、希望する就職先の面接を受けられる可能性が高くなると言えます。

また、オープンキャンパスや体験学習に参加する機会があれば、学校を見学して雰囲気を確認したり、どのようなことが学べるのか体験したりできます。ホームページや資料だけで判断するよりも、実際に足を運んで自分の目で学校の様子をチェックした方が、後悔のない学校選びとなるでしょう。

医療専門の技術職として、臨床工学技士の認知度は急ピッチで上昇しています。医療機器のめまぐるしい進歩について考えると、今後もニーズが伸びていく国家資格だと言えます。将来の展望や自分の希望をよく考慮に入れ、慎重に時間をかけて学校選びを行なうことが重要です。

 

☆関連記事

専門学校で即戦力となる臨床工学技士を目指そう
臨床工学技士を目指す人が大学へ進学するメリットとは?

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871