臨床工学技士 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床工学技士になるには

臨床工学技士になるには

臨床工学技士とは、1988年にスタートした国家資格を要する職種で、生命維持装置などの医療機器の操作や保守管理を担っています。

臨床工学技士になるには、大学や専門学校などの養成機関を経て、国家試験に合格することが必要です。看護師や臨床検査技師といった他のコメディカルの養成機関を修業した人等が、臨床工学技士の資格取得を目指すケースでは、専門学校などに設けられた専攻科を修業するという道も開かれています。

そもそも臨床工学技士とは?

b67909917c097b7d7301fde105e4ad7e_s

臨床工学技士は生命維持装置といわれる、人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置の操作を医師の指示に基づいて行い、保守や点検の業務も担っています。医療技術の進化に伴い、生命維持装置などの医療機器が高度化したことによって、1988年に誕生した比較的新しい国家資格で、コメディカルと呼ばれる医療系専門職の一つです。

臨床工学技士になるには、医療と工学の両方の専門的な知識が必要とされます。臨床工学技士は、主に総合病院の人工透析室や手術室、ICU、循環器病院、透析クリニックなどの医療機関で活躍しており、患者の生命にも直接関わる重要な役割を持っています。

臨床工学技士の受験資格を取得するには

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

臨床工学技士になるためには国家試験に合格することが必要ですが、受験資格を得る方法は、大きく分けて2つの方法があります。

1つ目は、文部科学大臣あるいは都道府県知事の指定した3年制以上の養成機関、専門学校か短期大学で学ぶか、大学で厚生労働大臣の指定する科目を修めたうえで、国家試験に合格する方法です。一部の医療系の大学には、臨床工学技士科などの養成課程が設けられています。これらの臨床工学技士の養成機関への入学には、高等学校卒業など大学への入学資格を持つことが条件です。

2つ目として、看護師や臨床検査技師、診療放射線技師などの養成機関で学んだ人等に向けた、専攻科といわれる1年の課程を修業し、国家試験を受ける方法があります。一度社会に出て働いてから、臨床工学技士とのダブルライセンスの取得を目指して、学校へ通う人もみられます。

通信教育で学んで臨床工学技士国家試験の受験資格を得るようなルートはありませんので、養成課程のある学校を卒業することは必須です。

臨床工学技士の養成課程として、夜間のクラスが設けられた専門学校もあり、通常の課程で4年、専攻科で2年と昼間のクラスよりも修業年数が長くなります。臨床工学技士は、仕事を持つ人が資格取得を目指す道も開かれているのです。

臨床工学技士国家試験の受験資格を得る方法まとめ

臨床工学技士になるための養成機関は専門学校、短大、大学どう選ぶ?

990b8bdb4deae7af075276bd8e883cee_s

では、臨床工学技士になるための養成機関である、専門学校、短大、大学のいずれに進学するか、どのように選択したらよいのでしょうか。

臨床工学技士に早くなりたい、少しでも学費を安く抑えたいといった人は、専門学校への入学がおすすめです。3年間の課程で、臨床工学技士として実践で必要とされる知識や技術を修得し、即戦力としての力を養うことができます。医療系の専門学校に、主に臨床工学科、臨床工学技士科という名称で養成課程が設けられています。

専門学校で即戦力となる臨床工学技士を目指そう

これに対して、臨床工学技士の養成課程として大学に設けられた臨床工学科や医用生体工学科などは、学問として臨床工学を学ぶものです。一般教養を学び幅広い教養を身につけるとともに、臨床工学技士として、高度でより専門的な知識を身につけたい人に向いており、卒業論文も書きます。規模の大きな病院への臨床工学技士としての就職や、主任や技士長への昇格は、大学卒の人が有利になってきている傾向があります。また、臨床工学技士の資格取得に関すること以外では、大卒という学歴が得られることも社会的に大きなメリットといえるでしょう。ただし、臨床工学技士の養成機関としては、専門学校に比べて入学試験の難易度は高いです。

臨床工学技士を目指す人が大学へ進学するメリットとは?

臨床工学技士のを養成する学校で、専門学校と大学の中間的な位置づけとなるのが、短期大学です。短大の臨床工学技士の受験資格を得られる課程は専門学校と同じ3年ですが、一般教養科目を多く学び、短期大学士の学位が得られます。2年制の課程で、あと1年専攻科で学ぶことで、臨床工学技士国家試験の受験資格が得られる短大もあります。

専門学校や短期大学、大学は、臨床工学技士の養成機関としてそれぞれにメリットがあります。また、大学か専門学校という違いではなく、学校によって臨床工学技士国家試験の合格率や設備は、大きく異なります。専門学校、短期大学、大学という枠組みだけにとらわれずに学校研究を行い、臨床工学技士を目指すうえで、自分に合った学校を見つけることが大切です。

臨床工学技士を目指すなら、大学と専門学校どちらを選んだらいい?

臨床工学技士になるために必要な学費とは

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

臨床工学技士になるには、どのくらいの学費が必要なのでしょうか。

臨床工学技士の養成課程は、4年制大学は国公立大学にはなく、全て私立大学です。大学の4年間に必要な学費は600万円ほどで、このほかに教科書代等がかかります。専門学校の臨床工学技士科では、3年間の学費として400万円程度必要です。大学や専門学校の受験に際しては、受験費用もかかってきます。

このように、臨床工学技士になるために要な学費は決して安いものでありません。しかし、臨床工学技士を養成する大学、専門学校の一部では、奨学金や特待生制度を設けています。日本学生支援機構の無利子・有利子の奨学金のほか、地方公共団体や民間団体による奨学金制度もありますので、学費の支払いに不安のある人は調べてみましょう。

親元を離れて進学する人は、引っ越し費用、家賃または寮費、生活費なども必要です。生活に関わるコストを抑えたい人や、見ず知らずの土地での一人暮らしに不安を感じる人は、臨床工学技士の学校を調べるときに、寮の有無もチェックしておきましょう。

ダブルライセンスを目指す人の多い専攻科とは

看護師

看護師や臨床検査技師、診療放射線技師といった医療系の資格を持つ人等が臨床工学技士の資格取得のために通う専攻科とは、どういったものなのでしょうか。

コメディカルの養成機関で必要とされる単位を履修した人は、修得した単位によって1~2年の専攻科に通うことで、臨床工学技士の受験資格が得られると定められています。看護師や臨床検査技師などの養成機関で修業したことが条件ですので、国家試験へは合格していなくても、専攻科に進むことが可能です。

実際に専門学校や短大に設けられている臨床工学技士の資格取得のための専攻科は、昼間1年、夜間2年の修業年数とするカリキュラムとなっています。

専攻科に通う人の半数ほどは、臨床検査技師等の養成過程を終えたばかりの学生です。残りは他のコメディカルとしての臨床経験がある人になり、臨床検査技師に次いで多いのは看護師です。看護師や臨床検査技師等他のコメディカルとして働きながら、臨床工学技士としてキャリアチェンジを図りたい人、ダブルライセンスを取得して仕事の幅を広げたい人などが通っています。

他のコメディカルの養成機関を修業したことで、専攻科への進学で資格が取得できるのは臨床工学技士だけです。そのため、高校卒業後の進路として、臨床検査技師や放射線技師と、臨床工学技士のいずれの道を選ぶか迷った人が、臨床検査技師や放射線技師などの養成機関へ進み、改めて専攻科で学び、ダブルライセンスを取得するケースもあります。

理工系の大学の出身者も履修した科目によっては、専攻科の修業で臨床工学技士の受験資格が得られます。1年間の修業で臨床工学技士の国家試験の受験資格が得られることは大きなメリットです。理工系の大学で学んだ後に臨床工学技士を目指す人は、必要な履修科目を満たしているか、専攻科のある専門学校などの養成機関に問い合わせてみましょう。

臨床工学技士になるには国家試験は一発合格で

d3504dd8324f5358f8ae691d9088a652_s

臨床工学技士になるためには、養成機関を修業した後に、国家試験に合格しなければなりません。看護師を目指す人は、国家試験に合格できなかった場合でも、内定が出ていた医療機関で看護助手として採用されるケースもみられますが、臨床工学技士は国家試験に不合格の場合、採用が取り消しになると取り決められているケースが多くを占めます。臨床工学技士国家試験に合格できないと内定を失うことになり、翌年の就職を目指す際にも、新卒者と比べて不利です。

臨床工学技士の養成機関へ通っている間の方が国家試験対策がおこなわれるうえに、分からない箇所を講師に質問する機会が得やすく、勉強が優位に進められます。経済的な問題から既卒での受験では、働きながら勉強をする人もみられ、試験勉強に集中できる環境が得られにくいです。生活状況によっては、臨床工学技士の養成機関を卒業し、もう1年勉強できる方が有利というよりも、知識を忘れないように保つことが難しくなります。

臨床工学技士の国家試験の合格率は、75~85%程度で推移しています。養成機関での授業を理解し、過去問等の勉強を重ねれば合格できる内容とされていますので、一回で必ず合格するという気概を持って臨むことが大切です。

臨床工学技士国家試験問題の対策は過去問の攻略が鍵!?

臨床工学技士が働く場とは

a1180_012677_m

臨床工学技士の資格を取得した人はどのような場所で働いているのでしょうか。臨床工学技士が活躍する場は、主に透析クリニックや循環器病院、総合病院です。

臨床工学技士の多くは透析クリニックに勤務し、プライミングから、穿刺や抜針、止血、バイタルチェックといった一連の透析関連業務を行なっています。クリニックによって、穿刺は臨床工学技士の業務に含まれるかなど担当業務には違いがみられます。透析クリニックの中には、22時あるいは23時まで透析を行なっているところや、睡眠時間を利用してオーバーナイト透析を実施しているところもあり、シフト制の勤務が一般的です。

循環器病院では、心臓カテーテルや人工心肺など専門的な業務を担い、手術室担当となる臨床工学技士もいます。総合病院では、透析業務や心臓カテーテルや人工心肺などの循環器関係、手術室の勤務のほか、病院全体の医療機器の管理業務も、臨床工学技士の仕事です。循環器病院や総合病院で緊急対応も行っている場合には、臨床工学技士も夜勤や当直、オンコール体制などが発生するため、多忙を極めることもあります。

このほかに、臨床工学技士として臨床経験を積んだ後、医療機器メーカーでアプリケーションスペシャリストなどとして働く人もいます。

医療業界での臨床工学技士の求人先と仕事内容まとめ

臨床工学技士にはどんな人が向いている?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N189_memowotorunashi-thumb-1000xauto-14536

臨床工学技士になるには、どのような人が向いているのでしょうか。

まず、第一に臨床工学技士は医療機器を扱う仕事ですので、機械に興味があることが前提となります。臨床工学技士は医療機器の操作だけではなく、保守管理を行います。修理を行なうことや設定をカスタマイズすることもありますので、「機械好き」の人に向いた仕事です。

第二に、医療従事者としての責任感があることです。臨床工学技士は、患者の生死や身体の機能の維持に関わる重要な仕事です。医療に関心があり、患者の疾患からの回復に貢献したいという気持ちを持つとともに、医療従事者としての強い責任感が持てるが向いています。勤務する医療機関によっては、手術などの緊急対応ため、臨床工学技士も夜勤や呼び出しが多くありますので、仕事に対するプライオリティが高くなければ難しいでしょう。

第三に、コミュニケーション能力が高いことが挙げられます。臨床工学技士は、医療機器だけを相手にする仕事でありません。昨今ではチーム医療の考え方が一般化し、医師や看護師、あるいは臨床検査技師など他の医療従事者と連携して仕事をすることが多くなっており、円滑にコミュニケーションをとれる人材が求められています。特に透析業務のように、臨床工学技士が直接患者と触れ合う仕事では、患者との信頼関係を築ける人が望ましいです。

臨床工学技士としての就職先はどうやって見つける?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-BL010-iriguchidematteiru20140810-thumb-1000xauto-17631

臨床工学技士の養成機関の卒業が決まっていて、臨床工学技士の国家試験に合格しても、病院やクリニックなどの医療機関から内定を得ていなければ、臨床工学技士としてのスタートを切ることはできません。臨床工学技士の仕事をみつける方法は、主に4つ挙げられます。

学校紹介

学校推薦による就職では、臨床経験が未経験であることが前提となっていること、これまでの卒業生の実績から臨床工学技士の採用が比較的有利であることがメリットです。ただし、学校からの紹介であっても、必ず内定がもらえるとは限りませんので、一社に絞って就職活動を行なっていて不採用となって場合には、出遅れてしまう可能性もあります。

また、医療機関とのパイプがどの程度あるのかによって、学校紹介での臨床工学技士の求人数には差がみられます。

ハローワーク

ハローワークに臨床工学技士の求人を出す医療機関はありますが、採用側も費用が無料という性質から、中小の医療機関が中心です。ハローワークだけで臨床工学技士の就職先を探そうとすると限られた情報となりますので、利用にあたっては他の手段と併用することが望ましいでしょう。

求人情報サイトや求人誌

ここでいう求人情報サイトとは、後述するキャリアアドバイザーから仕事のあっせんを受けるタイプのものではなく、求人広告が掲載されているWEBサイトです。

求人情報サイトでは、医療技術専門職の中でも、臨床工学技士の求人数は限られており、求人誌も同様です。掲載されている場合でも、経験者に対する求人が中心となっています。求人情報サイトや求人誌を利用し、未経験者が応募して臨床工学技士の仕事を得ることは、難しいのが実情です。

転職エージェント

転職エージェントにWEBサイトなどから登録をすると、キャリアコンサルタントから無料で求人先の紹介が受けられます。臨床工学技士の求人は、一般的な総合転職エージェントで扱っていることは少なく、医療技術専門職に特化した求人会社が中心です。会社によっては、臨床経験がない新人の臨床工学技士の就職のあっせんも行っています。

現実的に臨床工学技士の採用では、3年以上の臨床経験のある人が有利です。しかし、中には一から臨床工学技士を育てたいと考える医療機関もあります。

転職エージェントでは多くの求人案件を抱えており、医療機関と求職者のニーズが合うようにマッチングを行なっています。自らの目指す臨床工学技士像を実現するためには、どのような就職先がよいのか、キャリアアドバイザーにキャリアプランを相談することも可能です。

新卒の就職でも、学校紹介以外にも臨床工学技士の求人を扱う転職エージェントを利用することも視野に入れてみましょう。

臨床工学技士になるには、養成課程のある専門学校や短期大学、大学を卒業するか、他のコメディカルの養成機関等を修業した後に専攻科に進むか、いずれかの道がありますが、国家試験に合格することが必須条件です。

また、どのようなルートで臨床工学技士になったとしても、仕事に就いた後は日々進化する医療技術について学んでいく姿勢が求められます。臨床工学技士になりたい人は、まずは自分の志向に合った学校に入学し、臨床工学技士として必要な知識を身につけて、国家試験の合格を目指していきましょう。

 

☆関連記事

臨床工学技士の転職の実状とは!?キャリアアドバイザーによる本音トーク
臨床工学技士を目指すための学校の選び方とは

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871