臨床工学技士 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床工学技士国家試験の受験資格を得る方法まとめ

臨床工学技士国家試験の受験資格を得る方法まとめ

生命維持装置の操作や保守、管理を担う臨床工学技士は、医療系の専門職として国家資格を要する仕事です。臨床工学技士の国家試験受験資格は、基本的には3年制以上の専門学校や短期大学、4年制の大学などの養成機関で修業すると得られます。1年制の専攻科での修業でも、条件を満たす人は受験資格を得られるのが、他のコメディカルとの違いです。

3a18949c3721bc0b5285b0badaf30067_s

臨床工学技士国家試験の受験資格は養成校へ通うことが前提

臨床工学技士は国家資格を必要とする職種であり、受験資格を得るためには、養成機関を修業することが原則として必要です。臨床工学技士の養成機関には通信制の課程はないため、学校に通学することが前提となります。

臨床工学技士は医療専門職ですので、机上の学問のみで、知識や技術を修得することはできず、養成機関では病院での臨床実習も義務付けられています。臨床工学技士の養成機関には、3年制以上の専門学校や短期大学、4年制の大学があります。

看護師や臨床検査技師など他の医療系の国家資格の養成機関で修業した人や、大学などで指定科目を履修した人は、1~2年の専攻科で学ぶことで臨床工学技士の受験資格を得ることが可能です。

a0002_005736

臨床工学技士を3年で養成する「専門学校」

臨床工学技士を養成する専門学校は全国にあり、入学には大学への入学資格が必要です。臨床工学技士の養成課程のある専門学校の修業年数は、昼間部では通常3年です。大学入学するよりも、1年早く社会へ出られることがメリットです。

一部の専門学校には、専門的な領域まで踏み込めるように昼間部で4年の課程が設けられています。3年制の専門学校の卒業では「専門士」の称号を授与されますが、4年制の昼間部の学校では「高度専門士」として、大学卒業で授与される「学士」と同様に大学院入学の資格が得られます。

入試は学校によって、推薦入試やAO入試、一般入試が複数回設けられていることが一般的です。推薦入試は学校推薦を必要として、評定平均の基準が決められていることが多く、AO入試では臨床工学技士を目指す意欲が問われるものが多い傾向にあります。一般入試の難易度は、教科書を理解できていれば受かるレベルといわれ、数学と作文が中心です。

臨床工学技士の養成課程は、専門学校の中では入試が難しいとはいわれるものの、高校3年生からの準備でも、間に合うケースが多いでしょう。

専門学校で即戦力となる臨床工学技士を目指そう

a1800_000011

4年かけて臨床工学技士になるための専門的な内容を学ぶ「大学」

大学では、国家試験の受験資格を得るのに、専門学校や短期大学よりも1年長く掛かりますが、4年間で臨床工学技士に必要とされる専門的で高度な内容までを学んでいきます。看護師の教育機関が専門学校から大学にシフトしたのと同様に、臨床工学技士や臨床検査技師、放射線技師などのコメディカルも、教育の場が大学へとシフトしている傾向が顕著です。

今後も大学院への進学も含めた高学歴化が進むとみられています。2015年11月の時点では、33校の大学に臨床工学技士の養成課程が設けられています。病院によっては、採用や昇進で大卒者が有利です。

また、臨床工学技士として臨床経験を積んだ後、医療機器メーカーでアプリケーションスペシャリストとして働くケースなど、キャリアチェンジを図る際には、大卒に限定した求人もみられます。ただし、大学への進学には相応の学力や準備が必要です。学校によっては、一般入試のほかにAO入試が推薦入試も設けられています。

短期大学は大学と専門学校の中間的な位置付けで3年制ですが、2015年11月の時点で臨床工学技士の養成課程を設けているのは、専攻科を除くと一校のみです。

臨床工学技士を目指す人が大学へ進学するメリットとは?

990b8bdb4deae7af075276bd8e883cee_s

臨床工学技士国家試験受験資格の特徴でもある「専攻科」

臨床工学技士国家試験受験資格で、診療放射線技師や臨床検査技師と大きく異なる点は、条件を満たす人は、専攻科での修業でも受験資格が得られることです。専攻科は昼間部1年、夜間部2年です。

看護師や診療放射線技師、臨床検査技師を始め、理学療法士や作業療法士等の養成機関で修業している人、大学や短期大学、専門学校の工業系の学科で指定科目を履修している人が対象となっています。

例えば、診療放射線技師と臨床工学技士のどちらの資格がとれる学校に行くか迷っている人は、診療放射線技師の養成機関で修業した後、専攻科に進むという選択もできます。それぞれの国家試験に合格すれば、ダブルライセンスを修得することも可能です。

また、専攻科への進学では、「養成機関で修業したこと」が条件ですので、診療放射線技師の国家試験に合格していなくても対象となります。

看護師と臨床工学技士のダブルライセンスを修得する人もみられます。他のコメディカルとのダブルライセンスを目指したい人や、キャリアチェンジを図りたい人は、改めて3年制の学校に通わずに、1年制の専攻科で学ぶという方法をとることもできるのです。

看護師

臨床工学技士は、国家試験に合格して始めて就ける職種です。養成機関を卒業しただけでは、臨床工学技士として働くことはできません。大学や短期大学、専門学校の養成課程で学んだ知識をもとに、受験資格を得られる卒業前の国家試験で合格できるように、勉学に励むことが大切です。

 

☆関連記事

臨床工学技士国家試験問題の対策は過去問の攻略が鍵!?
臨床工学技士を目指すための学校の選び方とは

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871