臨床工学技士 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床工学技士の転職理由ランキング!

臨床工学技士の転職理由ランキング!

臨床工学技士はどのような理由で転職をしている人が多いのか、ランキング形式でまとめました。臨床工学技士は就業先によって勤務体系が違い、担当する業務も異なります。転職理由を読み解くことで、次の勤務先としてどのようなところに応募すればよいのか、辞めたい理由を解決できる臨床工学技士の求人がみえてきます。

a0001_014063

1位【オンコールが多い、土日休みたい】

総合病院や循環器病院では、夜間の緊急対応として夜勤や当直による勤務体制がとられていない場合は、オンコール体制がとられることが多いです。

「オンコール体制で実際に呼び出しも多く、休日であっても遠出ができず、休日の行動が制限されてしまう。(20代 男性)」という理由で転職を考える人もいます。

オンコール体制を避けたい場合、夜勤や当直をいとわなければ、夜勤あるいは当直の体制が整っており、オンコール体制をとっていない病院が選択肢となります。あるいは、透析クリニックはシフト制の勤務ですので、クリニックによっては準夜勤は発生しますが、オンコールはありません。

ただし、臨床工学技士の仕事は、透析クリニックなど日曜日は確実に休める医療施設もありますが、土曜日も毎週休める仕事を正職員の仕事で探すのは難しいです。「日曜日は休める医療施設」を探すことが現実的といえるでしょう。

-shared-img-thumb-ss76_bbwosousasurute14172508_TP_V

2位【家族との時間をとりたい】【ワークライフバランスを重視したい】

子供の誕生を機に家族との時間を大切にしたいとする人は、女性に限らず、男性でもみられます。「結婚したいのでプライベートの時間を重視したい。(20代 女性)」といったライフステージの変化に合わせて、働き方を変えたいといった人もいます。

例えば、郊外の透析クリニックで夜間透析を行なっていないところであれば、日勤のみの勤務が可能です。残業もほとんど発生しませんので、ワークライフバランスを重視した働き方が可能です。ただし、臨床工学技士で日勤のみという働き方は、給料面では大幅なダウンとなる可能性があります。家族の大黒柱として働いている場合には、収入面で満足できるのか、家族の生活の部分で問題はないのか、家族などと充分に話し合っておく必要があるでしょう。

医療業界で子育て中の臨床工学技士が働きやすい仕事とは

3位【人間関係が悪い】

一般的な企業では、人事異動などで人材が動き、新しい空気が入ることが期待できます。しかし、臨床工学技士の就業先は、人材の流動性が低いところも多く、人間関係が悪い職場では、いつまで我慢をすれば開放されるのか先がみえないケースがあります。

実際に「短期間に離職をする人が続き、自分も辞めたい。(40代 女性)」という声などがありました。また、患者重視の経営方針ではないことに意を唱えた結果、「治療方針に従えないなら辞めて欲しいと言われた。(30代 女性)」とする臨床工学技士もいます。

上司や同僚との折り合いが悪い、上司からパワハラを受けたという理由で退職した人の多くは、当然ながら次の職場で同じことが繰り返されないか、人間関係に不安を覚えることが多いです。

転職エージェントを利用すると、医療施設側と調整を図り、実際に就業する前に、施設の見学や体験入職ができるケースもありますので、相談してみましょう。

-shared-img-thumb-SEP_271415071204_TP_V

4位【Uターン転職したい】

Uターン就職を希望する人は、両親が高齢になったので近くに住みたい、あるいは、子供の育児を両親に手伝ってほしいといった理由で、両親の住む故郷の近くで職を得て働きたいという人が目立ちます。また、「実家を離れて一人暮らしをしていたが戻りたい。(20代 男性)」といったように、新卒で就職のために地元を離れたものの、やはり住み慣れた実家周辺で働くことを希望する人もいます。

しかし、臨床工学技士は地域によって給料水準が異なり、医療水準によっては高度な医療に携わることは難しいです。Uターン先によっては大幅な年収ダウンが避けられません。また、臨床工学技士の求人数自体にも、地域による格差が生じています。

Uターン転職を考えたら、臨床工学技士を専門に扱う転職エージェントを利用し、キャリアアドバイザーに、当該エリアの求人事情を尋ねたうえで進めていきましょう。

臨床工学技士の未経験での就職は「有効求人倍率」が高い地方が狙い目!

-shared-img-thumb-PAK86_ryokouhe15093120_TP_V

5位【環境を変えたい】【他の業務に就いてみたい】

一つの職場で臨床工学技士として働いてきた人の中には、環境を変えたいという漠然とした思いで、転職活動を始める人がみられます。「これまで透析をやっていたがほかの業務にもチャレンジしたい。(20代 男性)」といったように他の業務に興味を持つ人もいます。

仕事の幅を広げるために転職を考えた場合、30才までの臨床工学技士の方が仕事を得やすいです。しかし、他の職場を知らない人の場合、漠然として理由で転職を図ると、前の職場の方がよかったと後悔の念を抱くことが少なくありません。

同じ業務であっても、職場によっては対応の仕方が違うことがありますし、中堅的なポジションでいた人が新しい職場では軽んじられることもあります。また、憧れていた他の業務が向いていない、やってみたら激務で耐えられないということも起こり得ます。

環境を変えるために転職した結果、期待していたような仕事ができるかどうか、第三者の視点からも判断すると、転職を失敗しにくくなるでしょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談し、現実を注視しながら二人三脚で仕事を探していくのがおすすめです。

a1180_012677

転職したい理由を解決するために、「転職エージェント」を利用しよう

「転職をしたい」と考えたときに、辞めたくなった理由を解決できる転職先は、自分ではみつけにくいものです。臨床工学技士を専門に扱う、転職エージェントのキャリアアドバイザーは、臨床工学技士の仕事内容を熟知していますので、一人一人に合った転職先を提案できます。

また、ワークライフバランスを重視したい場合、転職エージェントを利用すると、勤務条件の交渉も任せられます。

転職で失敗しないためには、応募先の医療施設の実態についての情報をできるだけ得ておくことが大切です。情報不足から転職した結果、前の職場の方がよかったといった結果を招かないためには、転職エージェントを活用してみましょう。

臨床工学技士が転職エージェントを使うメリットとは

ccf913fc18db036ec0b12e9bc43d83ff_s

臨床工学技士の仕事に対する不満は、仕事を変えることで解消できることもあります。臨床工学技士の仕事やキャリアプランに悩んでいる人は、「こんな理由で転職」とは思わず、まずは転職エージェントのキャリアアドバイザイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

 

☆関連記事

臨床工学技士の年収徹底比較
医療業界での臨床工学技士の求人先と仕事内容まとめ

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871