臨床工学技士 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床工学技士を目指すなら、大学と専門学校どちらを選んだらいい?

臨床工学技士を目指すなら、大学と専門学校どちらを選んだらいい?

臨床工学技士の養成機関は、主に3年制の専門学校と4年制の大学です。専門学校では即戦力となる人材を育成し、大学はより高度な内容まで踏み込んだ内容を学問として学びます。学費や修業年数の面では専門学校が有利ですが、大学への進学は将来的な可能性が広がります。

a0002_008711

臨床工学技士の即戦力の「専門学校」、高度な内容も学問として学ぶ「大学」

臨床工学技士の国家試験の受験資格を得るための養成機関には、大学と専門学校、短期大学があります。臨床工学技士の養成課程が設けられた短期大学は数が限られているため、4年制の大学と3年制の専門学校が進学先として比較されることが多いです。

専門学校も大学も講義と実習を通して、臨床工学技士に必要な知識や技術を習得していくという点では同じです。専門学校は即戦力となる臨床工学技士を養成することに力を入れ、国家試験に合格することに注力しています。

一方、大学では一般教養として幅広い分野の学問の素養も身につけていきます。臨床工学を学問として、4年間かけて専門的で高度な分野まで学び、4年次には研究室に所属して卒業研究も行うことが違いといえる点です。

ただし、医療の高度化に伴い、臨床工学技士の養成機関として4年制とする専門学校も現れています。高度専門士の学位が得られる4年制の専門学校は、大学と同様に大学院への進学の道が開かれています。

990b8bdb4deae7af075276bd8e883cee_s

「専門学校」は学費負担が抑えられる

大学か専門学校かを選択するうえで、学費の負担は大きな検討材料でしょう。臨床工学技士を養成する大学には国公立大学はなく、すべて私立大学です。そのため、1年間の学費は専門学校と大学での違いは小さく、学校間では差があります。大学の方が1年間多く学ぶ分、学費が100万円~150万円程度多く必要です。また、専門学校で学ぶ方が1年早く社会に出ることができます。

臨床工学技士になるにあたって、学費の負担をできるだけ抑えたい、早く社会に出たいという人は専門学校の方が向いています。

ただし、大学独自の奨学金のほか、地方公共団体や独立行政法人学生支援機構による奨学金制度も設けられています。学費の面で専門学校という選択をしている場合には、奨学金について調べたうえで再考してみましょう。

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

臨床工学技士の養成校で入学難易度は「大学」が高め

大学と専門学校の入試の難易度を比較した場合、学校による違いもありますが、比較的入学しやすいのは専門学校です。

専門学校ではAO入試や推薦入試、一般入試が設けられ、複数回の受験を可とする学校が多いです。AO入試では、臨床工学技士へなりたいという意欲が重視されます。推薦入試では、高等学校の学校長の推薦が必要なケースがほとんどです。一般入試は数学と作文する学校が多く、数学は教科書レベルの問題が中心となっています。

一方、大学の入試でもAO入試や推薦入試なども設けられています。一般入試では、英語と数学、理科は物理と化学、生物からの選択の3科目、あるいは国語を含めた4科目から2科目または3科目の選択とする大学が多いです。大学の臨床工学技士の養成課程は学校によって、偏差値には差がありますので、難易度は一概にはいえません。

学力や進学の希望先にもよりますが、高校と大学を比較すると、高校3年生まで進学する予定がなく過ごしていた人でも、比較的進学しやすいのは専門学校です。

ただし、専門学校も入学後には、医学から工学に渡る幅広い内容を学んでいきます。入学はしやすくても、相応の努力をしなければ、電気や電子などの科目でつまずく人もみられるようです。

臨床工学技士の国家試験を受験するためには、専門学校や大学の卒業資格を得る必要があります。入学後には講義や実習を通じて、知識を身に着けていくことが大切です。

b2a07ce9e24a798a7886e5d0e73ded79_s

社会人が臨床工学技士を目指しやすい学校は?

臨床工学技士を目指す人の中には、一度社会へ出て働いた後、臨床工学技士の学校に通う人もみられます。IT業界に身においていた人が機械を扱う仕事で、人の役に立ちたいという想いで目指すケースや、安定性を求めて医療関係の職に就きたいといった人が目立ちます。

仕事を辞めて学校へ通う場合には、大学、専門学校ともに選択肢となります。専門学校の中には、社会人入試制度が設けられている学校もあります。また、前述のように専門学校の入試は基礎的な内容ですので、一般入試でも対策を行えば比較的合格しやすいでしょう。大学の入試への合格には、学校による難易度の違いもありますが、相応の準備が必要です。

社会人として働いていた人が臨床工学技士として就職する場合、未経験で年齢が高めということがネックとなります。教える人の年齢や職場でのポジションの関係から、新卒者は若い方が好まれます。臨床工学技士の職に1歳でも早く就くため専門学校で学ぶという考え方もありますが、1年くらいでは変わらないとも考えられます。

働きながら学ぶ場合には、夜間の過程が設けられているのは専門学校だけですので、専門学校で学ぶことが前提となります。専門学校の夜間部は、通常4年制です。

また、看護師や診療放射線技師、臨床検査技師などの他のコメディカルの養成機関を出ている人あるいは理系の大学で指定科目を収めている人は、専門学校などに設けられた特科といわれる課程を修業すると、臨床工学技士の国家試験の受験資格を得られます。特科は中間部で1年、夜間部で2年です。

再び学校へ入って学ぶことは、年齢を重ねるほどハードです。多大な学費も要しますので、臨床工学技士の資格を取得して、職に就くという強い意志を持って臨みましょう。

臨床工学技士には30歳でもなれる!?

臨床工学技士としての将来を見据えた選択を

臨床工学技士の養成機関は大学へシフトしている傾向にあるため、4年制大学卒の技士が増えています。現状は、主任や技師長への登用は実力主義で学歴を問わない施設もみられますが、今後は4年制大学を卒業した人が有利となることが見込まれています。また、大学病院など規模の大きな医療機関への就職は大学の卒業者が有利な傾向です。

臨床工学技士の就職先はクリニックや病院などの医療機関だけではなく、医療機器メーカーに勤める技士もいます。医療機器メーカーのアプリケーションスペシャリストへの転職は、担当する医療機器の臨床経験があることが前提とされるケースが多く、大卒以上の学歴を必要とする求人もみられます。医療機器メーカーは外資系が中心ですので、英語の能力も問われる求人が多いのが特徴です。

医療機器メーカーの臨床工学技士の求人とは

臨床工学技士としての知識や経験を活かして、医療機関以外で働くことを考えたときには、大卒の方が有利となります。あるいは、医療関係以外の仕事に就こうと思ったときにも、大卒の学歴が活かせることもあります。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N189_memowotorunashi-thumb-1000xauto-14536

「大学」、「専門学校」に共通する学校選びのポイント

臨床工学技士の養成機関は、大学と専門学校の違いだけではなく、学校による教育や設備の質の差もみられます。臨床工学技士の養成校を選ぶときには、国家試験の合格率に着目しましょう。大学、専門学校を問わず、学校による国家試験対策の充実度や在籍する学生の意欲を推し量る目安となります。

また、付属病院のない学校の場合には、実習が行われる病院も確認しておくことが大切です。病院によって備えられている設備には違いがあり、医療機関によっては、実習の際に最新の医療機器を目にすることができます。

志望校を決める際には、就職率や卒業生の就職先も、自分の志向と合っているかチェックしておくとよいでしょう。

臨床工学技士を目指すための学校の選び方とは

fe8bedcb8093462de4b49a92b08496c9_s

臨床工学技士を目指す学校として、専門学校と大学のいずれが向いているかは、将来の志向や置かれている環境によって違います。自分に合った学校に進学するためには、臨床工学技士の学校について調べるとともに、勉強にも力を入れましょう。

 

☆関連記事

専門学校で即戦力となる臨床工学技士を目指そう
臨床工学技士を目指す人が大学へ進学するメリットとは?

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871