臨床検査技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床検査技師がクリニックへ転職するメリットやデメリットとは

臨床検査技師がクリニックへ転職するメリットやデメリットとは

a4417f9c7b619dfe24312cb8ed59f3a6_s

臨床検査技師にとって、クリニックで働くことにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。新卒の臨床検査技師がクリニックで働くと、覚えられる仕事が限定されてしまうことがデメリットですが、経験を積んだ臨床検査技師にはメリットもあります。臨床検査技師がクリニックへ転職するメリットやデメリットなどをまとめました。

クリニックでの臨床検査技師の仕事とは

eda44c5b1a5ea851cb62bfb453d1630f_s

クリニックでは検体検査は外部へ委託しているケースが多いため、臨床検査技師の仕事はエコー(超音波検査)や心電図検査などの生理機能検査が中心です。ただし、検体検査のための採血も担当することが多いです。

クリニックによっては、診療補助業務をはじめ、受付や雑務といった臨床検査技師としての仕事以外を担当するケースもみられます。都心部の健診業務に特化したクリニックを除くと、臨床検査技師は1~2名程度のことが多く、看護師の人数も限られているため、機動力を求められます。クリニックでの業務は、臨床検査技師としての業務以外も担うことに抵抗がない人や、患者と近い距離でコミュニケーションをとりながら働きたい人に向いた仕事です。

クリニックで求められる臨床検査技師とは

3f276b87064d520f4824445d2d671b03_s

クリニックは少人数での勤務で、臨床検査技師が1人という体制もあるため、新卒の臨床検査技師には向いていません。クリニックは、一通りの業務を身につけた経験者に向いた職場です。

病院では教育システムが構築されていることが多く、体系的に業務を身につけていきやすい環境が得られます。一方、クリニックでは先輩の診療放射線技師によるOJTとなるため、先輩の技量による部分が大きいです。クリニックでは教えなくても、すぐに業務がこなせる、3年以上の臨床経験のある臨床検査技師が求められる傾向にあります。

また、エコーの経験があることが求められることが多く、特に腹部や乳腺のエコーができる人へのニーズが高いです。クリニックでの求人では、採血ができることも条件とされることが多いです。クリニックでは、特定の診療科目に特化して働くことができます。

スタッフの人数の少なさはメリットにもデメリットにもなる

YUKA0I9A7452_TP_V

クリニックでは、看護師や臨床検査技師など従業員の数が少ないため、他の職種のスタッフと連携して業務を行っていくことが求められます。良好な人間関係が築かれている施設であれば、アットホームな雰囲気で働きやすいことが多いです。スキルが伴えば、医師からも信頼されて良好な関係を築けることもあります。また、仕事の進め方を巡る意見の衝突も起こりにくいです。

しかし、長期に渡り在籍しているスタッフの意見が強かったり、院長のトップダウンによる強引な運営がされていたりする場合には、働きにくさを感じるかもしれません。

クリニックへの転職では、事前に職場見学を行い、人間関係や運営方針に不安がある人は、実現できるかは施設によりますが、入職体験を希望する方法もあります。クリニックのスタッフの人数の少なさは、働きやすさの点からいうと、メリットともデメリットともいえます。

クリニックで臨床検査技師が働くメリットとは

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

クリニックによっては勤務時間が長いものの、残業が少なく、休みが決まっていて、夜勤や当直、オンコールがないことがメリットです。昼休みが長い勤務形態のケースでは、家に帰って家事をする人もいます。

病院への勤務では、研修会や勉強会が開催されるため、臨床検査技師としてのスキルを高められる環境を得やすいです。しかし、家庭を重視したい人にとっては、負担に感じるケースもあります。

臨床検査技師のクリニックへの勤務は、ワークライフバランスを重視しやすいこともメリットといえます。

転職エージェントを利用して自分に合ったクリニックへ転職しよう

3f2cc1c3bd1ccbf0a6e10a512afe6905_s

クリニックへの転職では、少人数の職場のため、病院や健診センターよりも、「相性」が大切になります。院長の運営方針やスタッフの人柄、職場の雰囲気は重視したいポイントです。しかし、ハローワークや転職サイトの臨床検査技師の求人では、そうした実情まで知ることは難しいでしょう。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーから職場環境について詳しく話を聞くことができ、職場見学や入職体験が行えるように交渉を依頼できることもメリットです。キャリアアドバイザーというプロの目を通して、自分に合った施設の紹介を受けることができます。

まとめ

臨床検査技師の中には、規模の大きな施設で働くよりも、クリニックでの勤務が向いている人もいます。ワークライフバランスを重視したい場合など、今の職場に働きにくさを感じているのであれば、クリニックへの転職も視野に入れてみましょう。特に、クリニックでは女性のエコーができる臨床検査技師のニーズが高いです。

ジョブスルーでは、クリニックなど臨床検査技師の求人を数多く取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

 

ボタン3

 

☆関連記事

臨床検査技師の職務経歴書&面接のポイント【サンプル付き】
臨床検査技師の転職理由ランキング

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871