臨床検査技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床検査技師が病院へ転職するメリットやデメリットとは

臨床検査技師が病院へ転職するメリットやデメリットとは

a1180_012677_m

臨床検査技師は病院へ勤務することで、ジョブローテーションが取り入れられている場合には幅広い業務が身につけられることがメリットです。また、教育体制が充実していることや女性の放射線技師が働き続けやすい環境も整えられています。臨床検査技師が病院に転職するメリットやデメリットについて解説します。

病院の臨床検査技師の仕事とは

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

緊急対応を行う大規模病院では、検体検査も生理機能検査も自前で行っていますが、小規模病院では、検体検査は大部分を外部に委託するケースが多いです。また、院内の検体検査業務をブランチラボとして、委託しているケースもあります。

病院での臨床検査技師の担当業務は固定制をとっているところもありますが、ジョブローテーション制を採用していることが多く、幅広い仕事に携われることがメリットです。ただし、配属される部署は選べず、希望する業務には就けないこともあります。とはいえ、クリニックと比べて、雑用に携わることは少なく、臨床検査技師本来の検査業務に集中できることはメリットです。大規模病院への勤務では、専門性の高い検査に携われる可能性もあります。

病院への転職は、生理機能検査の中でも、エコーのできる臨床検査技師へのニーズが高いです。また、採血ができることはほぼ必須といえます。

研修システムや資格取得のサポート体制が充実している病院も

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

病院は教育体制が充実しているところが多く、臨床検査技師としての基礎力をつけたうえで、専門性を高めやすい環境が整えられていることがメリットです。大学病院など大規模病院では、勉強会や研修会などが催され、学会での研究発表を行うケースもあります。

また、臨床検査技士に関連する認定資格の中でも、ニーズの高い超音波検査士や細胞検査士を受験するためには、就業先の環境や担当業務が大きく影響します。超音波検査士を取得するためには、超音波専門医や超音波指導検査士の推薦が得られることが受験資格のひとつであり、自ら撮影した症例の画像が規定数必要です。細胞検査士の受験資格を得るためには、養成コースに通うか、1年以上の細胞診検査の実務経験を積む必要があります。

病院によっては認定資格取得に対するサポートが受けられることもありますので、スキルアップを目指して転職することも一つの手です。

女性の臨床検査技師が働き続けやすいことも病院のメリット

8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_s

どの医療機関で臨床検査技師として働いていても、産休や育休を取得したり、3歳まで短時間勤務制度を利用したりすることは、法律で認められた権利です。しかし、クリニックなど臨床検査技師の配置が少ない医療機関での勤務では、前例がないことや人員配置の問題から居づらさを感じて、辞めてしまうことも少なからずあります。

一方、臨床検査技師の数の多い病院では、シフトのやりくりや人員の調整がしやすいこともあり、働き続けやすい環境が整えられていることが多いです。かつては、院内保育所があっても、利用できるのは女性の看護師や医師に限られているケースが目立ちましたが、診療放射線技師も利用できる医療機関が増えています。

臨床検査技師として働き続けるために、結婚や出産をする前の20代のうちに、病院へ転職しておくことも選択肢となるのです。

臨床検査技師が病院へ転職するデメリットはある?

9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

では、臨床検査技師にとって病院へ転職することにデメリットはないのでしょうか。病院によっては臨床検査技師にも夜勤や当直があり、人員配置によってハードな勤務となります。また、病院では最新の医療技術を学ぶなどスキルアップを図れる体制が取られていることが多いですが、研修会などへの参加を負担に感じる臨床検査技師もいることが挙げられます。

病院への転職はいつ頃がいい?

ef48c740f44c4791a0edb8fab6934ddd_s

臨床検査技師が病院へ転職することにはメリットがありますが、短期間での転職を繰り返すジョブホッパーになってしまうことは好ましくありません。パワハラや違法な長時間労働が横行している場合を除いては、最初の就業先には3年間は勤めましょう。短期間で離職してしまうと、「仕事が続かない人」とみなされやすく、経験が3年に満たないと、即戦力とはみなされないため、臨床検査技師の転職には不利です。

一方、30代になると、病院への転職や経験のない業務に就くことが、難しくなってきます。病院への転職を目指すのなら、最初の医療機関で3年働いた後の30歳までを目安としましょう。

まとめ

臨床検査技師は病院へ転職することで、知識や技術の向上を図りやすい環境が得られやすいです。昨今では、特に女性のエコーができる診療放射線技師は高いニーズがあります。臨床検査技師として働き続けることを考えるのであれば、病院へ転職することも考えてみましょう。

病院といっても、規模や担当する業務、職場の雰囲気はさまざまです。ジョブスルーでは、病院など臨床検査技師の求人を豊富に扱っていますので、ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

ボタン3

 

☆関連記事

臨床検査技師に人気の病院の求人とは
臨床検査技師の職務経歴書&面接のポイント【サンプル付き】

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871