臨床検査技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床検査技師の就職先や選び方のポイントとは

臨床検査技師の就職先や選び方のポイントとは

cd59b9bff38a8bebde2856ecc9a489a7_s

臨床検査技師の就職先は病院やクリニック、健診センターなどの医療機関、検査センターをはじめ、製薬企業や医療機器メーカーなどさまざまです。臨床検査技師は働く場所の形態によって、職務範囲や勤務体制に違いがあることに留意して就職先を選ぶ必要があります。

臨床検査技師の就職先とは

6cedf13d609d5333cced7bd6e8f656ac_s

臨床検査技師の就職先は、主に病院やクリニック、健診センター、検査センター、保健所などです。

病院では臨床検査技師は臨床検査部で検体検査部門や生理学的検査部門に配属されますが、病院の規模によって検体検査部門の業務は細分化されています。中規模程度の病院では、専門的な検体検査は検査センターへ外注していることが一般的です。また、検査センターへ委託してブランチラボが設けられているケースもあります。

クリニックでは生理学的検査から検体検査まで、幅広い業務に対応することを求められます。

検査センターはクリニックや病院などの医療機関から検体検査を請け負う機関です。検査センターでの検査業務のほかに、病院内のブランチラボに勤務する形態の業務もあります。

健診センターは、健康保険組合や企業の健診、人間ドッグなどを行う機関です。夜勤や当直はありませんが、扱う検体数は病院よりも多い傾向です。

臨床検査技師の就職先による仕事内容の違いについては、臨床検査技師の仕事内容は施設によってどう違う?でも解説しています。

臨床検査技師の就職先には企業という選択肢も

b58705536e0888b6ea571af4885f453a_m

臨床検査技師は病院以外の就職先として検査センターや保健所のほかに、企業に就職するのも選択肢の一つです。

製薬企業や医療機器メーカー等

臨床検査技師の製薬企業への就職では、基礎研究や臨床研究の実験などに携わる技術員などの求人があります。検査薬メーカーでは、営業職へのサポートとして、使用方法の説明やデモンストレーションを行う学術職、あるいは製造部門への配属が中心です。検査機器メーカーでは、医療機器の説明やデモンストレーションを行うアプリケーションスペシャリスト、あるいはメンテナンス部門で臨床検査技師の募集があります。

臨床開発モニターや治験コーディネーター

臨床開発モニター(CRA)は製薬企業側の立場で病院での臨床実験に携わる仕事です。製薬企業と治験の受託を受けるCROで求人がありますが、臨床検査技師から臨床開発モニターへの転身など、CROでの採用は未経験でも行われています。

一方、病院側の立場で臨床実験に関わる治験コーディネーター(CRC)も、臨床検査技師からの転職が可能な仕事です。病院に所属するよりも、SMOに所属して病院に派遣されることが一般的です。

臨床検査技師の企業への就職の中でも、臨床開発モニターや治験コーディネーター、アプリケーションスペシャリストなどは、臨床検査技師の転職で臨床経験が活かせる就職先です。

臨床検査技師の就職先の選び方とは

8f65da12fe188d6b44ab67809a7804f2_s

臨床検査技師は就職先によって業務や収入、勤務形態が異なります。キャリアプランやライフステージに合わせて、自分にあった就職先の選び方をすることが大切です。また、研修制度など教育体制が整った施設は、臨床検査技師としてのスキルアップが図りやすいです。

医療機関などによる違い

大規模な病院では検体検査から生理学的検査まで幅広い検査業務を扱い、細胞検査や免疫検査など専門性の高い分野も扱っています。夜勤や当直を伴うハードな面もありますが、臨床検査技師としてスペシャリストを目指したい人に向いています。

クリニックは生理学的検査も検体検査も含めて、1人で対応するケースも多いため、新卒や経験の浅い臨床検査技師では難しく、臨床経験の豊富な技師の転職が一般的です。残業が少なく、夜勤や当直はないため、ワークライフバランスを重視したい人におすすめです。ただし、臨床検査技師としての仕事の業務量によっては、看護補助や雑務が発生することもあります。

健診センターは検診の繁忙期には担当する検体数が多く、業務が煩雑になりますが、夜勤や当直といった業務は発生しません。子育て中の臨床検査技師でも働きやすい施設が多いです。

検査センターは、大規模の病院以外では扱わないような特殊な検査も扱っているため、配属によっては携わることもできます。専門性を高めたい人は、検査センターの得意分野をチェックしておくとよいでしょう。検査センターは夜勤を含むシフト制の勤務が一般的で夜勤手当がつくため、転職で収入を増やしたい人の就職先としてもおすすめです。

企業への就職は転職が有利な職種も

企業への就職では、前述のように臨床開発モニターや治験コーディネーター、アプリケーションスペシャリストなど、新卒よりも臨床検査技師としての臨床経験がある方が有利な職種もあります。一度、企業への就職を希望する場合でも、臨床検査技師として医療機関などで臨床経験を積んだ後に転職することも、視野に入れてみましょう。

まとめ

臨床検査技師としての仕事は就職する施設によって違いがありますが、自分にどんな施設が向いているのかわからない人もいるのでは。また、就職先がみつからず、求人の探し方に行き詰まる人もみられます。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーから求人案件の紹介を受けられるとともに、就職先や転職先の選び方やキャリアプランの相談もできます。臨床検査技師の就職や転職のパートナーとして転職エージェントを活用してみましょう。

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871