臨床検査技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床検査技師の資格取得の方法とは

臨床検査技師の資格取得の方法とは

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

臨床検査技師は医療機関で検体検査や生理学検査を行う仕事で、国家資格を要する医療専門職の一つです。臨床検査技師の資格を取得するためには、3年制や4年制の養成機関などを卒業して、国家試験に合格することが必要です。

臨床検査技師の資格とは

a5589aa547fc7e309cbf77e763d9883f_s

臨床検査技師になるには、国家資格の取得が必須です。臨床検査技師の仕事は大きく分けて、直接患者に触れて行う「生理学検査」と、尿や血液などの検体を扱う「検体検査」があります。検体検査は臨床検査技師の資格なしでも行うことが法律上は問題ありませんが、知識のない人が職を得ることは難しいです。また、臨床検査技師と名乗れるのは、臨床検査技師国家試験に合格した人のみと、名称独占となっています。

生理学検査のうち、超音波検査(エコー)とMRIは診療放射線技師も取り扱うことが可能であり、眼底写真検査は視能訓練士の業務範囲でもあります。

臨床検査技師の資格を取得する方法とは

2dc1dec75a0dfb78d72dba200eac41af_s

臨床検査技師の資格の取得には、養成機関を卒業し、臨床検査技師国家試験に合格することが必要です。臨床検査技師の養成機関には、3年制の専門学校や短期大学、4年制の大学があります。専門学校に設けられている夜間の課程は4年制です。また、大学で医師や歯科医師の課程で学んで卒業した人、大学で獣医学科や薬学科を卒業して、所定の科目を修業している人なども受験資格があります。

臨床検査技師になるための最短ルートは、短期大学や専門学校の昼間部で3年間学び、ストレートで国家試験に合格することです。臨床検査技師の資格取得方法には、通信講座のみで目指せる方法はありません。

臨床検査技師の資格取得のための養成機関はどう選ぶ?

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

臨床検査技師の資格取得のための学校は、大学や専門学校、短期大学からどう選べばよいのでしょうか。

大学と専門学校の違いとは

臨床検査技師の養成機関は、4年制の大学への入学を志望する人が増えている傾向であり、大学院へ進学する人もいます。大学では4年間をかけて、専門性の高い技術や一般教養まで幅広く学んでいきます。国立大学であれば、学費も抑えられます。製薬メーカーなど企業に勤めるなど就職の選択の幅が広がります。

一方、実践力を身につけて早く社会へ出たい人には、専門学校や短期大学が向いています。大学への進学よりも1年早く社会に出ることができて、私立大学よりも学費を抑えられます。

細胞検査士を目指す場合は大学進学が有利に

細胞検査士とは、検体から作成した標本を顕微鏡で観察する「細胞診」と呼ばれる検査で、がん細胞の有無を診断する臨床検査技師です。がん細胞の確定診断は、細胞診専門医が行います。

細胞検査士資格認定試験を受けるには、細胞診検査の1年間の実務経験か、養成コースのある大学を卒業するという要件があります。試験への合格できれば、卒業時に臨床検査技師と細胞検査士の資格取得が可能なため、細胞診検査に携わることを志望する場合には、養成コースのある大学に進むと有利です。

臨床検査技師の資格取得の難易度

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

臨床検査技師の資格取得は、どの程度の難易度なのでしょうか。

臨床検査技師国家試験合格率

臨床検査技師国家試験の合格率は、2016年2月に実施された第62回では76.4%でした。ここ10年では、2009年までの実施では70%台の合格率であり、その後60%台後半となったものの、70%台後半に戻り、2014年、2015年に関しては80%台でした。養成機関によって合格率には差があります。

最終学年で病院実習が終わった後に、国家試験対策を始める人が多いですが、平行して就職活動も行うことになります。学校で学んだことをきちんと理解していれば合格できる内容ですので、1年次から基礎的な内容は身につけていくことが大切です。

臨床検査技師の資格取得に掛かる費用は

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

臨床検査技師の資格取得に関する費用として、養成機関の学費と国家試験の受験費用、臨床検査技師免許の申請費用などが必要です。

臨床検査技師の養成機関の費用

臨床検査技師の養成機関の学費は、国立大学や公立大学では、4年間で入学金と授業料を合わせて250万円程度です。私立大学では、4年間の入学金や授業料などで600万円~650万円程度を要する大学が多いです。専門学校の学費は、3年間で350万円から400万円程度が中心となっています。

学費の心配がある場合には、日本学生支援機構などの奨学金を利用するか、学校独自の奨学金制度があるケースがありますので確認してみましょう。

臨床検査技師の国家試験や資格取得後の費用

臨床検査技師の国家試験の受験費用は11,300円、受験申込み時に収入印紙での支払いとなります。臨床検査技師の資格取得後には、臨床検査技師免許の申請費用として9,000円がかかります。

まとめ

臨床検査技師の資格取得後は、関連する認定資格を取得することでスキルアップが図れます。資格取得は実地での技術の習得に励むとともに、新しい医療技術にも目を向けて、転職の際に必要とされる臨床検査技師を目指していきましょう。

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871