臨床検査技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床検査技師の転職理由ランキング TOP10

臨床検査技師の転職理由ランキング TOP10

5da3271efd3ab45a5234345b7a10c31f_s

臨床検査技師は、どういった理由で転職を希望する人が多いのでしょうか。臨床検査技師は、勤務する施設の形態や配属によって、担当する業務には違いがあります。また、ライフステージによって、仕事に求めることは変わってきます。臨床検査技師の転職理由をランキングにまとめてみました。

1位【エコーをやりたい】

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

臨床検査技師は働く施設や配属によって、検体検査や生理機能検査の中で、担当する仕事が異なります。病院では、疾患にかかっている人を検査するのに対して、健診施設では健康な人に対する検査という違いもあります。そのため、仕事の幅を広げるため、「他の業務を身につけたい」という理由で転職を考える臨床検査技師が多いです。また、幅広い業務を身につけるために、病院への転職を希望する人もいます。

なかでも、特に目立つのはエコーができるようになりたいという希望です。「メインの業務ではなくても、エコーを教えてもらえるところで働きたい。(20代 女性)」 とエコーの業務に就くことを目指して転職をする人が目立ちます。

「今のクリニックでは腹部エコーを月に数例担当するだけなので、病院で心エコーや乳腺エコーを学びたい。(20代 女性)」といったように、エコーの経験ができる施設であっても、領域を広げて症例経験を積むために、転職を目指すケースがあります。

臨床検査は機械化が進むと、必要な人材の数が減るとされていますが、エコーは技量の差が表れやすいとされる業務です。超音波検査士の取得者など、スキルの高い臨床検査技師が求められていますので、20代から30代のうちにエコーに携わっておくと強みとなります。昨今では、エコーができる女性の臨床検査技師に対する高いニーズがあり、転職しやすい環境になっています。

2位【子育て優先で働ける施設に移りたい】

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

子育てをしながら臨床検査技師としては働く女性も多いです。たとえば、「1歳の子供がいるため、子供中心で働ける施設を希望」(30代・女性)、「子供が幼稚園児なので、働きやすい職場があれば」(40代・女性)といった転職理由が挙げられます。

クリニックは残業が少なく日勤のみの勤務が一般的ですが、臨床検査技師の人員配置によっては、子供の急な病気の際に休みが取りにくいことが、懸念材料です。シフト制の勤務の医療機関では、幼稚園行事のときの休みやすさが基準となる人もいます。夕方までに帰宅したい場合には、パートでの勤務も選択肢となります。

「子育て優先で働きやすい」といっても、求めることは人それぞれです。転職で叶えたい要望を転職エージェントのキャリアアドバイザーに伝えて優先順位をつけると、どういった施設や働き方が向いているかみえてくるでしょう。

3位【給料が少ない】

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s

給料などの待遇面も、臨床検査技師の転職理由に挙げられます。「給料が少ないので400万円欲しい。(40代 男性)」といったように、年齢に見合った給料が欲しいという声は聞かれます。

しかし、年齢相応のスキルや経験が伴わなければ、転職での給料アップは難しいケースもみられるのが現実です。ただし、夜勤の多い検査センターの仕事に就くといった方法も考えられます。一方、エコーができる女性の臨床検査技師であれば、転職によって給料アップが図れる可能性が高いです。

「給料が少ない」と感じている人は、臨床検査技師としての自分の市場価値について、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

4位【正社員として働きたい、常勤に戻りたい】

臨床検査技師の中には、結婚や子育てをきっかけにパート勤務をしている人もいます。「子どもが小学校1年生になり、パート勤務から変わりたい(30代 女性)」、「派遣で巡回健診をやっていたが、閑散期に仕事がなく、子どもが大きくなってきたので、正社員で働きたい。(50代 女性)」といったように、子どもの成長に伴って、再び正社員として働くことを希望する人は多いです。

また、「病院勤務が体力的にきつく、非常勤で働いていたが、常勤に戻りたい」(30代・女性)といったように、体力面から病院の正社員の仕事を辞めたものの、再び正社員の立場で働きたいと考える人もいます。

パートでの求人でも、エコーができる人は需要が高く、時給が割り増しになることが多いです。また、勤務条件があえば、正社員に転換しやすくなっています。

5位【職場の方針や体制への不満】

7491f951ecaed518093daabfb8e12712_s

「先輩によって指示が異なり、やりづらい。(40代 女性)」、「指揮系統がバラバラなので辞めていく人が多い」(50代 女性)と管理体制や指示系統が整っていないことから、仕事にやりにくさを感じている人もいます。指示系統の乱れは、医療ミスにつながる恐れもあることも、転職理由となる一因です。また、患者本位の運営が行われていないなど、職場の運営方針が合わないことを転職理由とする人もいます。

職場の体制や人間関係を重視したい人は、面接の際に管理体制について尋ねるとともに、職場見学や入職体験ができる施設もありますので、実際に働いている様子を見て転職先を決めるとよいでしょう。転職エージェントを利用すると、そうした要望が伝えやすくなります。

6位【実家に帰りたい、実家に戻る】

-shared-img-thumb-sekisetu140208048196_TP_V

「子供が生まれるので実家の近くに引っ越す」(40代・男性)といったように、結婚や子供の誕生などを機に実家に帰るため、転職を考える臨床検査技師もいます。ただし、エリアによっては臨床検査技師の求人がなく、求人案件の発生を待つことになります。あるいは、転職したい時期が決まっている場合には、エリアを広げて探す必要に迫られるかもしれません。

転職エージェントを利用すると、地方の臨床検査技師の求人状況も知ることができます。

7位【自宅の近くで働きたい】

b44c4c41a38f4f94e37abdb0a06ad6fc_s

既婚女性を中心に、家庭を重視した働き方をするため、電車で通う大都市の医療機関から、自宅から短時間で通える距離の施設に移りたいという希望が聞かれます。ただし、狭いエリアで探すことになるため、タイミングによっては見つかりにくいこともあります。限られた求人案件をみつけるためには、転職エージェントに登録して、求人案件を待つのも方法の一つです。

8位【病理検査の仕事をしたい】

b675d0f636a7b263667b6895331a6fe9_s

細胞検査士資格認定試験を受けるためには、細胞検査士養成所や養成コースのある大学を卒業するか、細胞診に1年以上携わることが条件です。細胞検査士の受験資格を得るために、病理検査の仕事に就きたい」(20代・女性)といったように、細胞検査士の資格を得るために、細胞診の経験を積める施設に移りたいと考える臨床検査技師もみられます。

また、「細胞検査士の資格を活かせる仕事がしたい」(40代・後半)として、転職を考える人もいます。

9位【夜勤や当直がつらい】

6cedf13d609d5333cced7bd6e8f656ac_s

臨床検査技師の就業先の中でも、病院は人気ですが、施設によっては夜勤や当直を伴う勤務となります。「月2回の当直勤務がつらい」(20代・女性)として、転職を考える人もいます。病院によって緊急対応の有無や臨床検査技師の人員配置によって、夜勤や当直の有無や回数には違いがみられます。ワークライフバランスを重視した働き方をしたい場合、クリニックでの勤務は日勤のみの施設がほとんどですので、検討してみましょう。

10位【臨床検査技師の仕事に戻りたい】

3a18949c3721bc0b5285b0badaf30067_s

臨床検査技師は医療機関や検査センターでの検査業務だけではなく、資格や経験を活かして、治験コーディネーターとしてSMO企業で働いたり、医療機器メーカーでアプリケーションスペシャリストとして活躍する道もあります。しかし、「治験業界以外へ転職し、医療の現場に戻りたい。(40代 女性)」のように、一度は企業で働いた後に、医療の現場に戻りたいといった声も多く聞かれます。

治験など企業での勤務は、医療機関の仕事とは異なる適性やコミュニケーション能力が求められるため、医療の現場での実務の方が向いていると感じる人も少なくないようです。また、医療業界以外で働いた後に、臨床検査技師の仕事に戻りたいとするケースもあります。

こうしたケースでは、医療機関にはブランクととられるため、まずは、臨床検査技師として働いていたときに、臨床経験のある分野の仕事に就くことを目指すのが現実的です。

「転職理由」に沿った転職のために「転職エージェント」を活用しよう

ccf913fc18db036ec0b12e9bc43d83ff_s

転職したい理由を叶えるためには、条件に合った仕事を探す必要があります。しかし、臨床検査技師の求人は限られていますので、条件に合った求人を探すことは、労力を要します。働きながら、ハローワークや転職サイト、求人情報誌の求人をチェックして、問い合わせをするだけでも時間がかかるうえに、条件に合った求人か見極めが難しいこともあるでしょう。面接に進んだ段階で、希望とはかけ離れていることがわかり、今の就業先の方がまだいいといったことも起こり得ます。

転職エージェントを利用すると、スキルや希望条件に即した臨床検査技師の求人案件の紹介が受けられますので、効率よく転職活動をすることが可能です。また、勤務年数や臨床検査技師の求人状況によって、転職に向くタイミングがあります。求人状況によってはすぐには辞めずに、「今の職場にいた方がよい」とキャリアアドバイザーが判断することもありますので、転職を迷っている人も、まずは気軽に相談してみましょう

まとめ

転職をするのであれば、転職したい理由を解決できる施設に移るのでなければ、転職を繰り返してしまうことが危惧されます。転職理由の棚卸しをするためにも、転職エージェントの利用は有効です。

ジョブスルーでも、臨床検査技師の求人案件を豊富に取り扱い、転職したい理由を解消できる施設に入職できるように、サポートを行っています。

 

ボタン3

 

☆関連記事

臨床検査技師の求人は転職サイトで探せる?
臨床検査技師の職務経歴書&面接のポイント【サンプル付き】

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871