臨床検査技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床検査技師になるためには

臨床検査技師になるためには

9c88e25a5315273851e8b9c523d4e224_s

臨床検査技師になるためには、どのような方法があるのでしょうか。臨床検査技師になるには、養成機関を卒業して国家試験に合格する必要があります。そこで、臨床検査技師の資格取得の方法や学校の選び方、今後の展望などについてまとめました。

そもそも臨床検査技師の仕事とは?

(出典:社団法人日本臨床衛生検査技師会)

臨床検査技師は、疾病の診断や治療の効果を判定するために、身体の状態を把握するための検査データを提供する仕事を担っています。

臨床検査技師の仕事は、「検体検査」と「生理機能検査」があります。

検体検査は、身体から採取した尿や血液、細胞などの検体から、細菌やウィルスなどの検出などを行うものです。一定の条件のもと、臨床検査技師は採血などの検体採取も行うことができます。検体検査には、生理機能検査は、一般検査や血液検査、微生物検査、遺伝子検査なとがあります。

生理機能検査は、直接患者の身体に触れて医療機器を用いて検査するものです。超音波検査(エコー)や脳波検査、心電図検査、呼吸機能検査といったものがあります。

臨床検査技師の施設による仕事内容の違いは、臨床検査技師の仕事内容は施設によってどう違う?で詳しく解説しています。

臨床検査技師の資格の取得方法とは

b2a07ce9e24a798a7886e5d0e73ded79_s

臨床検査技師になるためには、国家資格が必要です。臨床検査技師の養成課程のある3年制の専門学校や短期大学、4年制の大学で所定の単位を取得して卒業し、国家試験に合格することが必要です。臨床検査技師の養成機関では、7単位の病院実習が義務付けられています。

医学部や歯学部を卒業するか、薬学部や獣医学部で必要な単位を修得して卒業することでも、臨床検査技師国家試験の受験資格が得られます。

臨床検査技師国家試験の合格率は、2016年2月に実施された試験では76.4%でしたが、ここ10年をみていくと、60%台後半から80%台前半までばらつきがある傾向です。

臨床検査技師になるための学校はどう選ぶ?

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s

臨床検査技師になるためには、臨床検査技師の養成機関を出る必要がありますが、大学と専門学校では、どちらを選んだらよいのでしょうか。

臨床検査技師になるために大学へ進むメリット・デメリット

臨床検査技師の養成機関として大学に進んだ場合、おおよその学費の目安は、国公立大学で250万円程度、私立大学では600万円~650万円程度と大きな違いがあります。国公立大学に進んだ場合には、学費だけを見ていくと、3年制の専門学校や短期大学よりも費用を抑えられます。国公立大学では、学費面でのメリットが大きいです。

また、大学では専門性の高い内容まで踏み込んだ内容を学ぶことができます。また、細胞検査士の認定資格は難易度が高いですが、大学の中でも一部の学校に設けられた細胞検査士の養成コースに進むと、卒業と同時に臨床検査技師と細胞検査士の資格を得られやすいこともメリットです。

一方で、大学へ進学することで、社会に出るのが1年遅くなることをデメリットと捉える向きもあります。

臨床検査技師になるために専門学校へ進むメリット・デメリット

臨床検査技師になるために専門学校へ進学すると、学費は350万円~400万円程度ですので、国公立大学よりも学費は掛かるものの、私立大学よりは費用を抑えられます。また、大学よりも、1年間早く社会に出ることができるため、自立した生活を1年早く送れることもメリットです。専門学校では実践力となる力を3年間で身につけるため、大学へ進学するよりも慌ただしく学校生活が終わっていく傾向があります。

臨床検査技師に向いている人とは?

7491f951ecaed518093daabfb8e12712_s

臨床検査技師は、血液や細胞などを扱い、日々検査を行っていくため、化学が好きで医学に興味がある人に向いた仕事です。検体の採取や標本の作製といった細かな作業を行うため、手先が器用なことも求められる適性です。生理機能検査においては、直接患者と接するため、患者に安心して検査を受けてもらえるように、コミュニケーション能力も必要です。また、医師や看護師、他のコメディカルと連携する場面もあり、検体検査のみに関わる仕事でもコミュニケーション能力は求められます。

 

臨床検査技師の将来性とは

3a18949c3721bc0b5285b0badaf30067_s

臨床検査技師の仕事の中でも、検体検査の分野では検査機器の進化によって、検査によっては必要となる臨床検査技師の数が減っていくとされています。しかし、医学の進歩によって、より高度な検査を行っていくことが求められ、臨床検査技師には一定のニーズがあることが見込まれます。高度な検査機器を使いこなすこと、検査データの数値が機器のトラブルでおかしいことに気づくことができるかは、臨床検査技師の技量によるものです。

また、エコーでは超音波検査士の資格を取得することで、領域ごとに一定の技量があることが証明されます。

学会への参加などを通じて、新しい医療の知識を習得していくとともに、担当業務に関連する認定資格を取得して、医療機関に必要とされる臨床検査技師を目指しましょう。

臨床検査技師として希望する仕事に就くためには

df1871329d04faec8f8f8e3721f9a23c_s

臨床検査技師は病院での勤務を希望する人が多く、募集があると高い倍率となります。また、エコーができる臨床検査技師を求める医療機関が多いこともあり、転職によってエコーを習得することや別の領域のエコーを担当できる施設を希望する人も目立ちます。

ただし、未経験の領域の仕事に就くのは難しい面があり、施設側の希望する人材と応募者のスキルがマッチしないことが少なくありません。そこで、転職エージェントを利用すると、希望条件を踏まえたうえで、スキルに応じて近しい条件の求人案件の紹介を受けることができますので、効率のよい転職活動が可能となります。

まとめ

臨床検査技師になるためには、養成機関を卒業して国家試験に合格することが必須です。臨床検査技師の資格を取得したらゴールではなく、専門性を高めるとともに、新しい医療の知識を習得していくことが大切です。

 

☆関連記事

臨床検査技師の資格取得の方法とは
臨床検査技師とは

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871