臨床検査技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

臨床検査技師とは

臨床検査技師とは

7491f951ecaed518093daabfb8e12712_s

臨床検査技師とは、医療機関などで医師の指示のもとに、病気の発見や身体の状態を把握するための検査を担う医療専門職です。臨床検査技師になるには、専門学校や短期大学、大学へ進学して、受験資格を得た後に、国家試験を受ける必要があります。臨床検査技師の仕事内容や働く場所、やりがいなどについてまとめました。

臨床検査技師の仕事内容とは

b29aaa04dc88809248a7535ba69a96a4_s

臨床検査技師の仕事内容は、病気の診断を目的に、身体の状態を評価し、体内の異常を把握するための検査を行うことです。

臨床検査技師の仕事内容は大きく分けると、検体検査と生理学検査に分類されます。検体検査は、尿や便、血液、細胞などの検体をもとに行う検査であり、一般検査や血液検査、生化学的検査などがあります。生理学検査は直接患者の身体を医療機器を使って検査するもので、超音波検査(エコー)や心電図検査、呼吸機能検査などです。

⇒『臨床検査技師の仕事内容は施設によってどう違う?

臨床検査技師の働く場とは

6cedf13d609d5333cced7bd6e8f656ac_s

臨床検査技師はクリニックや病院などの医療機関、健診センター、検査センター、保健所などで働いています。

病院で働く臨床検査技師は、検体検査と生理機能検査に分かれるだけではなく、検体検査の中でも、血液検査や生化学的検査、専門性の高い細胞診検査などの担当を分業しています。一方、クリニックでは検体検査と生理学検査の両方に関わることもあり、専門的な検査は検査センターに外注することが多いです。検査センターは、医療機関から検体検査のみを請負う検査機関で、一般検査から専門性の高い免疫学検査といったものも扱っています。健診センターは、健康診断や人間ドッグでの検体検査や生理機能行っています。

⇒『臨床検査技師の就職先や選び方のポイントとは

臨床検査技師になるには

2dc1dec75a0dfb78d72dba200eac41af_s

臨床検査技師は、国家資格を必要とする医療専門職です。臨床検査技師になるためには、文部科学大臣や厚生労働大臣が養成施設として指定する、3年制の専門学校や短期大学、4年制の大学を卒業する必要があります。養成施設でのカリキュラムには、医療機関での臨地実習も含まれています。また、大学の医師や歯科医師の養成課程を卒業するか、獣医師や薬剤師の養成課程で所定の科目を習得して卒業した人も、受験資格を得ることが可能です。

臨床検査技師の国家試験は、毎年2月に実施されており、ここ10年ほどの合格率は60%台後半から80%台前半となっています。

⇒『臨床検査技師の資格取得の方法とは

臨床検査技師の収入はどのくらい?

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

厚生労働省の公表する「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、臨床検査技師の平均給料は約29万円、平均年収では約468円です。

臨床検査技師の収入は、施設の規模による違いでは、1000人以上の大規模な医療機関の方が高い傾向にあります。また、男女の収入の差は、30代以降に開きが広がっていく傾向にあり、50代後半では男性約747万円、女性約556万円と、差がピークに達します。ただし、女性が結婚・出産を経て働きやすい環境が整えられていることから、今後はこの差が縮まっていくことが想定されます。

⇒『臨床検査技師の年収徹底比較

臨床検査技師のやりがいとは

3a18949c3721bc0b5285b0badaf30067_s

臨床検査技師は検査業務を通じて、病気を発見することで、人の命を救う一助となる仕事です。実際に病気が見つかった患者から、感謝の言葉を伝えられることにやりがいを感じる人もいます。検査前に不安を感じている患者が、リラックスして検査を受けられて、安堵した表情を目にすることも充足感につながります。

また、臨床検査技師は経験が豊富で、深い知識があると医師からも頼りにされる存在です。たとえば、超音波検査は画像を撮影するだけではなく、画像を読み取って所見を医師に伝えますので、スキルが必要とされることにやりがいが感じられるようです。また、細胞診検査では、臨床検査技師は医師ががんと確定診断する前の推定診断を行う役割を担い、専門性の高さも魅力となります。

臨床検査技師の将来性

51d7a4862422c8fbb7ec419a22b2b4ee_s

臨床検査技師は検査の機械化が進み、今後は必要数が減っていくのでは、という見方もされていますが、すべてを機械だけで行うことは難しく、一定の需要はあります。また、高齢化社会を迎えることで医療を求める人が増えることが推測され、予防医学の考え方が浸透してきたことにより、健診のニーズも高まります。

ただし、機械化が進むことで、一般検査などの需要は低くなることが想定され、専門性のある臨床検査技師が求められる時代になっていきます。超音波検査士や細胞検査士、一・二級臨床検査士の資格取得を通して、スキルアップを目指していきましょう。

まとめ

臨床検査技師とは、医師の指示のもとに行う検査業務を通じて、病気の発見に貢献する仕事です。臨床検査技師になるには、国家資格の取得が前提ですので、受験資格を得られる専門学校や短期大学、大学などへ進学することが前提となります。

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871