放射線技師技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

診療放射線技師になるには

診療放射線技師になるには

e2658fc4781088bfebaaea1c4054bc82_s

診療放射線技師になるには、3年制以上の専門学校や短大、大学を修業し、国家試験に合格することが必要です。診療放射線技師は、医師や歯科医師の指示を受け、主に放射線を人体に照射する画像検査や放射線治療、放射線管理などに関わる医療専門職です。

そもそも診療放射線技師とは

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

診療放射線技師は医師や歯科医師を除くと、唯一、診療用の放射線を人体に照射することが可能な国家資格です。看護師も放射線は扱えないことから、診療用放射線を扱う医療専門職として、業務独占資格となっています。

診療放射線技師が取り扱う画像診断業務には、X線撮影を始め、CTやマンモグラフフィ、核医学検査、血管造影検査などがあり、放射線治療に携わる技師もいます。放射線を使わない業務として、MRIやエコーなども行っています。病院などで放射線安全管理や放射線機器管理を担うのも、診療放射線技師の仕事です。

診療放射線技師の資格を取得するには

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

診療放射線技師は、国家資格を必要とする仕事です。診療放射線技師になるには、文部大臣または厚生労働大臣の指定する3年制以上の養成機関を卒業し、国家試験に合格する必要があります。診療放射線技師の養成機関には、3年制の専門学校や短期大学と4年制の大学があり、入学には高等学校卒業等、大学への入学資格があることが条件です。

主に昼間働く人に向けた、4年制の夜間の課程を設けた専門学校もあります。他の医療専門職の資格を持っていても、指定養成機関を卒業せずに、放射線技師の国家試験を受験することはできません。海外の学校を卒業した人に対する例外規定はあるものの、診療放射線技師の養成課程を修業することが必須です。

国家試験に合格し、病院や診療所などの医療機関に採用されると、放射線技師として働くことができます。

診療放射線技師の養成機関は大学や短大と専門学校、どちらを選択する?

990b8bdb4deae7af075276bd8e883cee_s

診療放射線技師になるには、養成課程のある学校を卒業することが前提ですが、4年制の大学、3年制の短大や専門学校からどのよう選択すればよいのでしょうか。

大学へ進学するメリットとは

放射線の医療への応用は、放射線による癌治療や早期に癌を発見するPET検査などに広がるなど、診療放射線技師に求められる医学や理工学の専門知識は高度化しています。医療系専門職の中でも診療放射線技師は、養成教育の場が専門学校から大学へシフトしている傾向にあります。

大学では一般教養から診療放射線技術の高度で専門的な内容まで、幅広く学びます。4年制大学の卒業者が増えていく中、病院などの医療機関で技師長などの役職に就くには、大卒者が有利となってきました。また、卒業後の進路で、医療機関で放射線技師として働く以外の道へ進むことも視野に入れるのであれば、大卒の方が選択の幅が広がります。

医療機器メーカーの研究職や開発職、アプリケーションスペシャリストは、大卒者の方が有利であり、大卒者に限定した求人もあります。研究職では大学院卒が前提となる企業もあるのです。「大卒」という学歴が得られること自体もメリットといえるでしょう。

放射線技師を大学への進学で目指すメリットとは?

専門学校への進学のメリット

専門学校では診療放射線技師として即戦力となることを目指し、必要とされる知識や技術を3年間で身につけます。大学よりも1年早く放射線技師の職に就ける、私立の大学に通うのと比べて学費の負担を抑えられるといったメリットがあります。

また、診療放射線技師の道に進むことを高校3年生になってから決めたとき、大学への進学は受験勉強が間に合わないケースがあるのに対して、専門学校は比較的入学許可が得られやすいです。

専門学校なら、3年で診療放射線技師になれる!

短大という選択も

短大は学校数は限られますが、大学と専門学校の中間的な位置付けです。専門学校と同じ3年制ですが、一般教養は専門学校よりも多く履修し、「短期大学士」という学位が得られます。

診療放射線技師になるための養成機関は、学校によって教育方針や設備の充実度、教員の質、国家試験の合格率が異なります。自分に合った学校へ進学できるように、資料を取り寄せたり、ホームページをチェックしたりするほか、できれば、オープンスクールや学校説明会などに足を運んでみましょう。

診療放射線技師を目指すなら、大学と専門学校どちらを選ぶべき!?

放射線技師の大学・専門学校の入試とは

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

診療放射線の養成機関である大学や短大、専門学校へ入学するためには、入試を受けて合格しなければなりません。大学と専門学校、それぞれの入試制度についてみていきましょう。

大学には国公立と私立があり、国公立の一般入試ではセンター試験を受験する必要があります。大学への入学を目指すには、相応の準備が必要です。

専門学校では、主に推薦入試やAO入試、一般入試といった入試制度が設けられています。一般入試の入試科目は、数学と物理・生物・化学の理科のいずれか、あるいは、国語や英語を含めた複数の科目から1科目の受験とされていることが多く、基礎学力をみる傾向にあります。

大学・専門学校いずれを選んだ場合でも、入学後に相当の勉強をしなければ、診療放射線技師の国家試験に合格することはできません。勉学に励む環境という面では、学校選択の際に国家試験の合格率も考慮に入れるとよいでしょう。

診療放射線技師はどんな人が向いている?

7491f951ecaed518093daabfb8e12712_s

診療放射線技師になるには、どのような人が向いているのか適性を考えてみましょう。

一つ目に挙げられるのは、機械やコンピューターが好きなことです。医療業界は日進月歩で進化を遂げており、医療機器も同様に新しい機器や技術が導入されていきます。新たな技術に対して関心を持ち、向上心を持って勉強し、対応していかれることが求められます。医学や診療放射線技術に対する知的好奇心が旺盛であることも、大切な要素です。

二つ目として、注意力がある人が挙げられます。診療放射線技師は、放射線を直接患者に照射するという重要な業務を担います。常に冷静で注意深く、慎重に行動できることも、必要な資質です。

三つ目はコミュニケーション能力です。診療放射線技師は、検査の際に患者と接する機会が多いです。また、医療の現場ではチーム医療が中心となっており、医師や看護師、他のコメディカルと連携して働くことになります。

患者や医療従事者と円滑なコミュニケーションがとれることも求められます。

診療放射線技師が働く場とは

585a28c77e39ca39af8772e3d993bde1_s

放射線技師が活躍する場は、主に病院やクリニック、健診センターです。

一般的な病院やクリニックでは、規模や診療科目によって異なりますが、診療放射線技師はX線撮影やCT、MRIから、骨塩定量検査、マンモグラフィなど業務を行なっています。血管造影検査や核医学検査を行なう医療機関もあり、高度な医療を提供する病院では、医師とともにがんの放射線治療にあたる診療放射線技師もいます。大規模な病院では緊急対応のため、夜勤や当直、あるいはオンコール体制が敷かれていることが多いです。

健診センターでの健康診断や人間ドッグでの画像診断業務は、病院などとは違い健康な人を対象に、疾患の予防や早期発見を目的として行うものです。健診バスで地方公共団体の施設や企業をまわる仕事もあります。人間ドッグに特化したクリニックも、診療放射線技師が活躍する場です。乳がんの早期発見が自治体などで啓蒙されていることから、マンモグラフィができる女性の診療放射線技師のニーズが高まっています。

放射線技師としての臨床経験と積んだ後、医療機器メーカーでアプリケーションスペシャリストとして働く人もいます。

診療放射線技師になるには、まずは養成機関である専門学校や短期大学、大学に入学することがスタートです。将来、診療放射線技師として就職するにあたり、どのような道に進みたいか考えてみましょう。診療放射線技師の養成課程のある学校に関する情報を収集し、自分の将来目指すべき方向性に沿った学校を選択することも大切です。

 

☆関連記事

放射線技師の転職の実情とは!?キャリアコンサルタントによる本音トーク
診療放射線技師を目指す学校選びの方法とは

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871