放射線技師技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

「放射線技師の仕事を辞めたい」と考えたら転職することも選択肢に

「放射線技師の仕事を辞めたい」と考えたら転職することも選択肢に

c7df9eccf7574310f2e1670a5b9badf1_s

放射線技師として働いている人の中には、仕事につらさを感じて、「放射線技師を辞めたい」と考える人が見受けられます。しかし、仕事を覚えていく過程の中で楽しさを感じられるケースや、今の勤務先が合わないケースもあるのです。

「放射線技師の仕事に慣れなくてつらい」のは時間が解決することも

8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_s

放射線技師としての仕事を始めたばかりで、ミスを続けて犯してしまい、先輩に叱責されて、続けることに自信を無くしている人もいるかもしれません。また、慣れてきて少し自信がついてきた頃に、ミスをしてしまい、再びやる気を失いかけている人もいるでしょう。

医療専門職は、人の命に関わる責任の重い仕事ですので、少しのミスが重大なことにつながる可能性もあります。そのため、小さなミスであっても、叱責を受けることは当然ともいえます。しかし、次はミスを起こさないように、注意を受けた点を真摯に受け止めて、経験を積んでいくうちに、多くの人は成長しています。

「辞めたい」という気持ちは時間が解決してくれることが多いですので、パワハラや違法な長時間労働で心身ともに疲弊している場合を除いては、まずは3年、一つの職場で頑張ってみましょう。

「放射線技師が合わない」or「放射線技師として働く職場が合わない」

efa52303a94f7bc7bb34dee0c09ef5de_s

「放射線技師の仕事が合わない」と感じている人は、「放射線技師の仕事そのものが合わない人」と「放射線技師として働く職場が合わない人」に分けられます。しかし、放射線技師の仕事自体が合わないと感じている人の中で、特に一箇所の医療施設でしか働いたことのない人の場合は、ほかの医療施設でなら、やりがいを持って取り組めるケースもあります。

放射線技師の仕事は、病院やクリニック、健診センターといった就業先の形態や取り扱う画像機器による違いだけではありません。医療施設によって、経営方針や放射線技師の立ち位置、医師やほかのコメディカルとの関係性などが異なります。放射線技師として働きにくさを感じていても、ほかの医療施設に移ったことで意欲的になり、放射線技師の仕事を続けてよかったと感じる人も多くいるのです。

放射線技師の仕事自体を辞めたいと考えているとしても、まず、ほかの医療施設でも働いてみてから考えても、遅くはないのではないでしょうか。

隣の芝生が青く見えている可能性も

-shared-img-thumb-SEP_355215221321_TP_V

放射線技師を辞めたいと考える人の中には、ほかの仕事が現実よりもよく見えている人もいます。

「完全週休2日制」の企業は半数ほど

放射線技師の仕事は、土曜日も出勤日になることが多く、土日休める仕事がしたいと考える人もいます。しかし、土日に出勤があるのは、放射線技師などの医療関係職やサービス関係の仕事に限ったことではないのです。

厚生労働省の「平成27年就労条件総合調査結果」によると、「何らかの週休2日制」とする企業は85.2%あるものの、「完全週休2日制」は50.7%にとどまっています。この調査は曜日を限定したものではありませんが、そもそも完全週休2日制の企業が半数程度ということから、土曜日に出勤日がある人は半数以上いることが推測できます。放射線技師などの医療関係の仕事以外なら、完全に土日休めるとは限らないのです。

他の仕事も難しさはある

放射線技師の仕事は人の命に関わる責任の重い仕事ですので、比較できるものではありませんが、ほかの仕事も別のプレッシャーや責任はあります。楽な仕事はありますが、スキルアップして、ステップアップしていくことは難しいでしょう。

放射線技師の働く職場は、放射線技師をはじめとする医療専門職の人がほとんどです。ほかの世界に触れることがないことで憧れを抱いて、隣の芝生が青く見えている可能性もあります。

ほかの仕事に就くのであれば、業界研究を重ねて、適性を考えてみることが大切です。また、放射線技師の仕事のよさについて改めて考えてみましょう。

「放射線技師を辞めたい理由」を転職エージェントに打ち明けよう

77dd9f1986f9c0234cefd294eab65ab3_s

「放射線技師を辞めたい」と考えている人は、仕事内容や勤務先の医療施設に何か不満があるはずです。しかし、放射線技師を辞めたい理由を解消できる医療施設を自分でみつけるのは、ハローワークや転職サイトの求人情報だけでは施設の内情まではわかりかねるため、難しいものがあります。また、第三者が話を聞いた方が、どういった医療施設が向いているか判断しやすいです。

そこで、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーに「放射線技師を辞めたい理由」を話してみましょう。今の不満を解決できる医療施設がみつかれば、放射線技師として働き続ける意欲が持ちやすくなります。

まとめ

せっかく資格を取得した放射線技師の仕事を、一つの施設だけで判断して辞めてしまうのはもったいないことです。ほかの施設で働いていてから、放射線技師を辞めるか考えてみませんか?

ジョブスルーでは、放射線技師などの医療専門職の求人案件を豊富に扱っていますので、ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

ボタン3

 

☆関連記事

放射線技師の転職理由ランキング!
放射線技師のための職務経歴書&面接のポイント【サンプル付き】

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871