放射線技師技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

放射線技師の転職理由ランキング TOP10

放射線技師の転職理由ランキング TOP10

放射線技師はどういった理由から転職活動を始めているのか、転職理由をランキング形式でまとめました。放射線技師は就労先によって、労働時間や年収に大きな差がみられます。短期間での転職を繰り返さないためには、転職したい理由はもちろん、今の職場での不満や悩みを解決できる放射線技師の求人への応募することが大切です。

1位【人間関係に悩んでいる】

-shared-img-thumb-N112_hooduewotukujyosei_TP_V

放射線技師の就業先は、人材の流動性が低いところが多く、誰かが辞めない限りは、硬直的な人間関係が続くことがしばしばあります。そのため、人間関係に悩んで転職を考える人が多く見受けられました。

「職場の人間関係が悪く転職したい。(40代・男性)」、「経営者が変わったことで運営方針にも変更があり、担当業務も以前と異なってきた。(50代・男性)」という声があるように、ベテランといえる年代の放射線技師の中にも人間関係に悩む人がみられます。

クリニックでの勤務の場合、自分以外に放射線技師が1~2名のみというケースもみられ、性格が合わない場合には仕事のやりづらさを感じるでしょう。一般的な企業では上司と折り合いが悪くても、定期的な異動によって、ずっと同じ部署に所属する状態が続くとは限らないこととは違いがあります。

人間関係が理由で転職をする人の多くは、次の就業先に対して慎重になるケースが多いです。新たな職場の人間関係が不安な人は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談すると、就業前に入職体験や職場の見学のセッティングができるケースがあります。

実現が可能かどうかは、求人先の医療施設の対応次第ですが、安心して就業先を選べる方法として有効ですので、キャリアアドバイザーに尋ねてみましょう。

2位【休みがとりにくい】

ef48c740f44c4791a0edb8fab6934ddd_s

放射線技師は就業先の人員配置などによって、休みの取りやすさに違いがあります。

「常勤一人体制で休めないため、親の具合が悪いことを考えると休みが取りやすい施設に移りたい。(50代・女性)」という理由にあるように、常勤の放射線技師が1名の体制のクリニックでは、急な休みをとることは難しいです。また、「2歳の子供がいるが、親族が近くにいないため、具合が悪くなったときに休めるように、人員配置にゆとりのある施設で働きたい。(40代・女性)」という声もあります。複数の放射線技師が在籍する医療機関であっても、人員配置にゆとりがあるかどうかで、休みやすさが左右されます。「シフトの作成者が変わって休みがとりづらい。(20代・女性)」という理由も、シフト作成者との個人的な人間関係のほかに、人員配置の問題もあるのかもしれません。

しかし、面接では休みのことを表だっては聞きにくいもの。転職エージェントを利用すると、シフトを組む際の休みの希望や急に休まざるを得ないときの対応も、キャリアアドバイザーを通して質問することも可能です。

3位【年収アップを図りたい】

bsN695_ichimanensatu

放射線技師の転職理由の2位は収入面に関するもので、給料のアップを目指して転職活動を行なう人が多くみられました。「当直勤務がなくなって年収が大幅にダウンした。(40代・男性)」、「当直してもっと稼ぎたい。(30代・男性)」という声があるように、放射線技師の年収では当直や夜勤による手当も年収を大きく左右します。また、「年齢的に転職の最後のタイミングなので、年収が今より上がるところに移りたい。(40代・男)」という理由もみられます。

実際に放射線技師で比較的高い年収を得ている人は、基本給の水準が高いだけではなく、緊急対応を行う大規模な病院で夜勤や当直による手当が含まれているケースも多いです。

最近では、女性でマンモグラフィができる人は、転職での年収アップが狙いやすい傾向にあります。

職務経歴やスキルによっては、基本給だけでの大幅な年収アップは、管理職に就くといったステップアップ以外では難しいことも多いですので、夜勤や当直勤務を伴う病院への転職も視野に入れてみましょう。

放射線技師の年収徹底比較

4位【仕事の幅を広げたい】

2c451b09866d300fbee432436fb1c2df_s

放射線技師の転職では、何の検査を担当できるかが重要となってきます。女性でマンモグラフィができる放射線技師は、転職しやすい環境となっています。総合病院などに勤務し、多くの画像診断機器に触れられる人は、さまざまな検査に携わっていける環境です。しかし、クリニックに勤務し、取り扱うことのできる画像診断機器が、一般X線撮影やCTなどに限られる場合には、将来就業できる医療施設が限られてしまいます。

そこで、「マンモをやりたい。(20代・女性)」、「他の業務など仕事の範囲を広げたい。(20代・男性)」といったように、CTやMRIをはじめ、マンモグラフィなど、幅広い画像診断機器の操作を修得するために、転職を目指す人もいます。

30歳を過ぎると、転職が未経験の画像診断機器を扱うことが難しくなってきますので、仕事の幅を広げるための転職は、20代のうちに考えておく方が、長い目でみると有意義です。放射線技師として生涯働くことを考えているのであれば、先を見据えた行動をとることが大切です。

5位【土日に休みたい】

6dc77b1f5586dc76868f1bb28f0cb97c_s

放射線技師の仕事は土曜日の出勤を伴うことが多く、日曜日の出勤もある施設もあります。しかし、結婚して子供のいる人を中心に、土日に休める仕事がしたいという声が聞かれます。

たとえば、「子供が2人いるので、土日休みの仕事がしたい。(30代・女性)」、「現在、夜勤や土日出勤が多く、子供と一緒にいる時間が少ないため、妻の負担が大きく、もう少し家族を大切にしたい。(30代・男性)」といった転職理由が挙げられます。

クリニックや健診センターでの勤務では、週休2日制の勤務で日曜日は休日がとれることが多く、残業もほとんどありません。ただし、土曜日に完全に休める仕事となると限られ、勤務時間は平日よりも短いケースもありますが、毎週、あるいは、隔週での出勤がある施設が多くを占めます。

「日曜日は休みたい」という条件なら、転職する医療機関を探しやすくなりますので、ほかの勤務条件と合わせて検討してみましょう。

6位【地元に帰りたい】

-shared-img-thumb-sekisetu140208048196_TP_V

「親の面倒を見るため、実家の近くから通える施設に移りたい。(50代・男性)」など、高齢の両親を心配して地元に帰るために転職を図る人や、反対に地元に戻って両親に育児をサポートしてもらうために地元に戻ることを転職理由とする人がみられます。また、地元では仕事がなかったため、一旦、他の地域で放射線技師の仕事をしていた人が。そろそろ地元に戻りたいとするケースもあります。

しかし、放射線技師の求人状況や給与水準は、地域による格差があるのが実情です。医療水準にも差がありますので、地元へのUターン就職をした結果、思っていたような仕事や収入、ポジションを得られないことも想定されます。住む地域から離れた地域への転職を考えたときには、転職エージェントのキャリアアドバイザーに地域の放射線技師の転職事情を相談してみましょう。

できるだけ先に仕事を辞めてしまうことは避けて、地域の放射線技師の求人の実情を踏まえて納得したうえで、転職活動をスタートする方が賢明です。

7位【日勤のみの仕事がしたい】

YUKI86_randoseru15115718_TP_V

「子供が2歳で時短勤務が終わるため、日勤だけで働けるところに移りたい。(20代・女性)」というように、子育てを優先するため、夜勤を伴うシフト勤務の病院から、移りたいとして転職する人もいます。

クリニックや健診センターでは、日勤のみの勤務です。しかし、人員配置によっては、子供の病気などによる急な休みに対応しにくいため、自分以外に子どもを見る人がいない場合には難しいケースもあります。また、夕方には家に着いていたいなど、短時間の勤務を希望する場合には、パートで働くことも選択肢になります。

8位【勤務先の施設の経営状態が悪化している】

SEP_271415071204_TP_V

転職を考える人の中には、予期せぬタイミングで転職活動をせざるを得なくなった人もいます。「給与遅配があるので、経営が安定した施設で働きたい。(40代・男性)」といった先行きが不安なケースや、「勤務先の病院が閉鎖予定(60代・男性)」のように、廃業が決まってしまったケースです。

すぐに、次の職場を見つけたいとき、働きながら求人サイトを見たり、ハローワークに足を運んだりして、応募先を選定した後に選考書類を送り、転職先を早く決めるのは難しいものがあります。転職エージェントを利用すると、非公開求人を含めた放射線技師の求人案件の紹介を受けられ、面接日の調整なども任せられますので、効率のよい転職活動がしやすくなります。

9位【勤務がハード】

-shared-img-thumb-PP_gyoumuyoutokei_TP_V

救急診療も行うような規模の大きな病院では、放射線技師も夜勤や当直での勤務もあり、オンコール体制をとる施設もみられます。「当直が月に13回以上あり、翌日も勤務のため厳しい(30代 男性)」という声もあるように、放射線技師の人員配置によっては、夜勤や当直の頻度が多く負担となるケースもあるでしょう。

ただし、規模の大きな病院に勤めて夜勤や当直をこなしていた人の場合、夜勤のないクリニックや健診センターに転職をすると、基本給が下がるケースが多く、さらに夜勤などの手当がつかなくなるため、大幅な収入ダウンとなる可能性があります。

施設形態や給料、勤務体制などの何を優先するか、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

とはいえ、女性でマンモグラフィができる放射線技師はニーズは高いため、転職で勤務条件を改善できる可能性は高いです。

10位【移住したい】

1068c4bcaba5ba30002728706c13f639_s

Iターン転職ともいわれますが、「結婚を機に移住したい。(20代・男性)」とったように、気候や風土に惹かれた新たな地で、放射線技師としての職を得て、新しい暮らしを始めたいという人もいます。

しかし、エリアによっては放射線技師の募集が限られていますので、移住を希望する地域に放射線技師の需要があるのか、事前に調べておくことが大切です。また、知らない土地での転職活動は、情報を得ることが難しいですので、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

転職したい理由の解決には、「転職エージェント」を利用しよう

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

放射線技師の転職したい理由はさまざまですが、単に仕事を辞めて新たな就業先を見つけたのでは、同じことを繰り返してしまうかもしれません。しかし、転職したい理由に対して、解決を図れる転職先を自力で探すことは難しいものがあります。まずは、客観的な視点でどういった施設に転職すれば、不満などが解決するのか、見極めることが大切です。

放射線技師の転職を扱う、転職エージェントのキャリアアドバイザーは、放射線技師の就業先の状況を熟知しています。転職したい理由をキャリアアドバイザーに相談すると、今後のキャリアプランへのアドバイスや、転職先に関する最善な提案を受けることが可能です。

放射線技師が転職エージェントを利用するメリットとは

まとめ

他人にとってはたいしたことのないような理由に感じても、転職したいと思う理由は人それぞれです。もし、放射線技師として働きながら、大きな不満を抱えていたら、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。日頃の仕事に関する悩みは、「転職」という形で解決が図れるかもしれません。特にマンモグラフィができる女性の放射線技師にとっては、今は売り手市場となっています。

ジョブスルーでも、放射線技師の求人案件を豊富に扱っています。「転職したい」という気持ちが芽生えたら、ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

ボタン3

 

☆関連記事

放射線技師のための職務経歴書&面接のポイント【サンプル付き】
放射線技師が転職で収入アップする方法とは

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871