放射線技師技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

放射線技師のための職務経歴書&面接のポイント【サンプル付き】

放射線技師のための職務経歴書&面接のポイント【サンプル付き】

-shared-img-thumb-0I9A858415070153yuka_TP_V

放射線技師の転職活動では、職務経歴書は採用担当者にとって、どんな業務を担当してきて何が任せられるか、伝わるものとすることが大切です。放射線技師に限らず、医療の現場では即戦力になる人材が求められています。職務経歴書や面接で抑えておきたい、放射線技師ならではの転職活動のポイントをまとめました。

放射線技師も同じ!職務経歴書作成の基本

-shared-img-thumb-SEP_355215221321_TP_V

一般的に職務経歴書はパソコンでの作成が基本であり、放射線技師も例外ではありません。パソコンで作成した職務経歴書は、施設側の担当者が読みやすく、好まれる傾向にあります。また、電子カルテの導入が一般化した昨今においては、放射線技師もパソコンの基本操作は求められます。最低でもワードやエクセルで職務経歴書をつくれる程度のパソコンスキルがあることが、望ましいです。

また、パソコンで職務経歴書を作成するのは、応募する放射線技師の側にもメリットがあります。施設に合わせて、記載内容を調整したいときも、修正が簡単に行えます。職務経歴書は簡潔にまとめるようにし、A4サイズで1~2枚のボリュームが目安です。

「放射線技師」の職務経歴書の書き方のポイント

c72df4bf5a4447a4eaee15f5ee2ccb23_s

職務経歴書は書類選考で、重要な位置づけとされています。放射線技師の職務経歴書は、「これまでの職務経験」から「どんな仕事が担当できるのか」という点について、採用担当者が理解しやすいものとすることがポイントです。

放射線技師の職務経歴書は、「編年体式」といわれる時系列に沿って記載していく方法で、施設ごとにまとめていくのが基本になります。

施設ごとに『就業していた期間』、『施設名』を記載し、どんな施設で働いていたのか規模感がつかめるように、『病院概要』として『診療科目』及び『病床数』を書き添えます。

そして、『担当した業務内容』を箇条書きにしていきますが、具体的に担当していた業務内容がわかるものとしましょう。担当した検査項目として、「一般撮影」や「CT検査」、「マンモグラフィ」といった項目を書きます。「CT検査」であれば「単純CT検査」あるいは「造影CT検査」という検査の種類、「マルチスライスCT」であれば配列も含めて書くと、具体的に担当できる業務が伝わりやすいです。1日や1月当たりに担当した撮影数も入れます。

 

職務経歴書3

教育係や部下を持ったマネジメント経験がある場合には、記載しておきます。また、『取得資格』には診療放射線技師のほかに、「検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師」などの認定資格があると、アピールポイントにもなります。

面接は担当していた職務内容をより詳しく伝える場

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-BL010-iriguchidematteiru20140810-thumb-1000xauto-17631

職務経歴書にこれまでの経歴は一通り書いてありますが、面接では確認の意味も兼ねて、改めて職務経歴を説明することを求められるとともに、担当してきた業務に関して、質問を受けることも多いです。面接の前には、控えとして手元に残している職務経歴書に、再度を通しておくとよいでしょう。職務経歴を面接で説明するときは、「できる業務」を明確に話していくことがポイントです。

施設側の採用担当者は、職務経歴書と面接での受け答えをもとに、「任せたい仕事」ができるに人材か判断し、採用の可否を決めます。放射線技師は、クリニックなど医療施設によっては1~2名の配属ですので、何も教えることなく、すぐに即戦力となる人材が求められることも多いです。

例えば、CTでは同じメーカーの同じ機器の使用経験があれば、明日から1人で勤務できると判断され、採用に至るケースもあります。また、「所見」がどの程度できて、医師に進言できるか、という点も重視されることがあります。

放射線技師の面接の場では、「どの分野で何ができるのか」を正確に伝えて、即戦力として役立てることをアピールしましょう。

放射線技師は「転職エージェント」の利用も視野に

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

放射線技師として転職活動をしてきて、就業先がなかなか決まらない人はこれまでの経歴に原因があるのではなく、職務経歴書や面接などを含めた転職活動のやり方に問題があるのかもしれません。

転職エージェントを利用すると、放射線技師の求人案件の紹介を受けられるだけではありません。キャリアドバイザーに転職に関する相談ができますし、職務経歴書の書き方や面接での受け答えの仕方など転職活動のアドバイスも行われることが多いです。職務経歴書の書き方を見直すことによって、書類選考の通過率が上がり、面接対策の結果、放射線技師として医療施設への内定が得られることもあります。

ただし、放射線技師の仕事の斡旋は、一般的な総合転職エージェントでは扱っていないことが多く、医療技術専門職を専門に扱う会社に限られています。放射線技師で転職活動を行なう人は、放射線技師を扱う医療技術専門職に特化した転職エージェントを利用することで、転職活動を有利に進めていくことができるのです。

特に、マンモグラフィの経験がある女性放射線技師は、転職エージェントを利用すると、勤務条件のよい転職先がみつかりやすい傾向にありますので、ぜひ、相談してみましょう。

また、放射線技師の転職活動に行き詰っている人も、キャリアアドバイザーに相談することで、客観的な視点でのアドバイスを経て、転職活動を仕切り直すことができます。

放射線技師が転職エージェントを利用するメリットとは

放射線技師の転職では、採用担当者に職務経歴書や面接を通して、何ができるか、分かりやすく伝えることが大切です。職務経歴書の作成を始めるまえに、これまで担当してきた仕事内容を振り返って、一度整理してみるとまとめやすくなります。

 

☆関連記事

放射線技師の転職理由ランキング!
女性の放射線技師はマンモの習得が転職に有利!

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871