放射線技師技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

放射線技師の就職先とは

放射線技師の就職先とは

6cedf13d609d5333cced7bd6e8f656ac_s

放射線技師の一般的な就職先、そして特殊な就職先には、どのような施設があるのでしょうか。また、就職先によって仕事の内容や職場環境はどのように異なるのか、まとめました。

一般的な就職先とは

a1180_012678_m

放射線技師の主な就職先は、放射線を扱う病院・クリニック・健診施設といった医療機関です。

規模の大きい地域の中核病院では、様々な検査分野を細分化し、担当制・分業制を導入しているところが多くあります。例を挙げると、就職して1年から数年程度は一般X線撮影やCTスキャン検査に従事し、経験を積みます。その後、MRIや超音波などのより専門的な分野の担当を任され、携わるようになります。

各分野の専門性を深めることが可能になり、長く勤めれば勤めるほど幅広い放射線技師業務の経験を積むことができるのです。

小規模な病院や専門的なクリニックでは、X線撮影、CTスキャン検査、バリウムを用いた消化器の透視検査が主な業務で、MRIを導入している施設もみられます。

健診施設や巡回健診では、胸部X線撮影、胃検診、マンモグラフィー、骨密度検査等に従事します。

医療機関以外の就職先

3f2cc1c3bd1ccbf0a6e10a512afe6905_s

放射線技師の医療施設以外の就職先として、医療関連企業が挙げられ、販売先の医師や放射線技師に、医療機器や医薬品に関する説明を行なう業務等を担っています。

また、放射線を扱う研究機関で、放射線が人体に及ぼす影響を解明し、安全性を見極め、最先端の医学へ放射線を応用するための研究や開発に従事する人や原子力関連企業へ就職する例もみられます。

就職先による仕事内容・環境の違い

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

大規模な医療施設に就職すると、最新の医療技術や医療機器を積極的に導入しているため、最先端の専門知識やスキルを身につけることが可能です。

例えば、最近ではPET検査(陽電子放射断層撮影)を導入している病院が増えています。放射性の薬剤を点滴で人体に投与し、特殊なカメラで放出される放射線を撮影し、全身の細胞の中からがん細胞だけに目印をつける検査です。こうした最先端の検査技術に触れられるのは、大規模な医療施設で働くメリットに挙げられます。

小規模な病院やクリニックでは、比較的残業が少なく、ワークライフバランスを重視して働きやすい傾向にあります。その一方で、スタッフの人員が限られるため、受付・事務といった放射線技師業務と関わりのない雑務を行なうケースもあります。

どのような就職先を選ぶとしても、決められた業務を淡々とこなすだけではなく、新しい技術や知識にアンテナを張る姿勢が求められます。自分から積極的に学んで、日々の業務に反映させることで、医療機器や技術の変化に素早く対応することができ、医療機関に必要とされる放射線技師になれるのです。

 

☆関連記事

放射線技師は本当に就職難?
子育て中の放射線技師が働きやすい業務に就ける職場とは?

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871