放射線技師技師 求人TOP > お役立ちコンテンツ > お役立ち情報 >

診療放射線技師に向いている人とは?

診療放射線技師に向いている人とは?

d5402144f8c591e35c86eb249ef42748_s

診療放射線技師の仕事は、養成機関で修業して国家試験に合格するといった努力次第で、診療放射線技師の求人に応募し、就ける仕事ではあります。しかし、理系に強い、機械が好きといった適性があります。また、診療放射線技師はヒューマンスキルも必要とされる仕事です。

診療放射線技師に向いている人の特徴

eda44c5b1a5ea851cb62bfb453d1630f_s

仕事として診療放射線技師を選ぶ人は、基本的には「理系」で「機械に強い人」です。そして、診療放射線技師が扱う医療機器は、特に開発や発展が目覚ましいものが多いため、職場に最新機器が導入された場合、自分でしっかり勉強して新しい技術や知識を身につけていく、ある意味で貪欲な態度が必要になります。

また、検査機器に限らず放射線治療に使用される最近の機器は、コンピューター制御のものがほとんどですので、コンピューターのスキルを日々向上させていくことも不可欠な要素です。

診療放射線技師が持つべき姿勢とは

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

次に、診療放射線技師が常に持つべき態度や心構えについて取り上げましょう。診療放射線技師は、ただ自分が担当する機械を間違いなく扱うことができればそれで良いのではありません。患者さん一人一人の状態を瞬時に把握するために医学知識の幅を広げていくのはもちろんのこと、画像解析といった科学的な分野の専門知識を深めることも必要とされる職種です。

比較的「決まり切った作業の繰り返し」と思われがちなRTの業務ですが、実は奥が深く、一筋縄ではいきません。いま行なうべき最適な業務は何かを常に考え続け、なおかつ実行する態度が求められます。

診療放射線技師は機械に強ければそれでいい?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

さて、機械やコンピューターに強く、専門知識や技術をしっかり持っていれば、それだけで十分なのでしょうか。実は、そうではありません。診療放射線技師は、検査や健診の際に患者さんと直接コミュニケーションをはかる機会が多くあります。

規模の小さいクリニック等では、これから行なう検査の説明をすることも日々の業務に含まれます。ほとんどの患者さんは、検査を前にある程度の緊張を感じています。患者さんの気持ちをホッと和ませられる、コミュニケーション能力に長けた人であれば、短時間で患者さんと打ち解け、信頼関係を築くことができます。

診療放射線技師の仕事を楽しく、やりがいを持って続けていくためには、ただ単に技術や知識があるだけでは不十分なのです。

まとめ

ここまでのポイントを考えると、診療放射線技師に向いている人、適性のある人とは、常に向上心を持ち、幅広い知識を学び続けていく態度をもっている人、そしてコミュニケーション能力の高い人、とまとめることができます。

ただ漫然と仕事をこなすだけではなく、使命感や患者さん一人一人に対する気遣いや思いやりの気持ちを持つことで、診療放射線技師として向上していけるでしょう。

 

☆関連記事

診療放射線技師になるには
診療放射線技師を目指すなら、大学と専門学校どちらを選ぶべき!?

 

ボタン3

登録からお仕事開始までの流れ

ご登録

登録は1分で完了!その他、面倒な手続きは一切ありません。
ご登録頂いた情報は、個人情報保護法に基づき厳重に管理されますのでご安心下さい。

ヒアリング&求人紹介

当社担当からお電話またはメールさせて頂きます。
希望・状況を聞かせて頂き、希望・状況に合った求人を多くご紹介させて頂きます。

面接・見学

納得がいく転職先が見つかるまで何度でも紹介が受けられます。
※面接後でも合わないと思った場合お断り頂けます。

転職成功

納得のいく転職であったとしても、何かしらの問題が起こる可能性があります。
しっかりとアフターフォローも行っていきます。

  • 無理をさせない安心対応!
  • 24時間365日のスピーディ対応!
  • 全国約1000件の豊富な案件情報!
  • きめ細やかなフォロー!
  • ノウハウの詰まった面接対策!
03-5940-6871